2010/11/30

フィッシングマックスでお買い物。小さいプライヤー

先日の関西遠征。
帰りはフィッシングマックス三ノ宮でお買い物です。

まず管釣り用にレブロスMX1003とPE0.6号を買いました。

そして1万円以上買うと送料タダということで、その金額に到達するまで細々したものを買い物かごへ。
結局13000円ほど買ってしまいましたが・・・





こまごましたものの第一弾。
ミニスプリットリングオープナー。

こまごまの中のこまごま。


プライヤーの先に鈎があって、スプリットリングをつけるヤツ。





ライターくらいのサイズで、ケータイのストラップに付けてもオシャレなわけない。

でもいつか無くしちゃうんだろうな。




何に使うかというと、やっぱり管釣りルアー用ですね。

いま、管釣りルアーのアイディアが2つあります。
それを作るとき、確実に活躍しますね。

2010/11/29

写真 ヘディング

oga064
oga064 posted by (C)シェリルミノー
Nikon D5000
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

ヘディングしてもらって、屋内は暗いのでフラッシュ使いました。
こういうのを1/4000で撮ってみたい。






Nikon ViewNXでRAWからjpegへ。
このソフト、NikonのRAWを現像するだけにつかってますが、とにかく重い。




Lightroomで遊ぶも、なんか違うな。
彩度落とす意味がよくわからない。





LuminanceHDRで迫力が出てきた。
でも白トビしているライトとボールの部分が、なんか気持ち悪いことに。

なのでGIMPを使って、気持ち悪いところを消しました。






そしてLightroomでコントラストを強めた上の写真と、HDRをブレンドします。




oga064
oga064 posted by (C)シェリルミノー
トリミングして出来上がり。←っつーか最初にトリミングすべきでしょ。

2010/11/28

グリーンパーク不忘、雨の管釣り

予報じゃ雨だけど、白石へ向かう薄暗い道中で、やっぱり雨が降ってきました。
雪じゃないだけまだマシですが。

白石市、明日の予報は雪です。

「昨日は暖かくて良く釣れたんだけどね」と受付のおばちゃん。
「今日みたいに寒いときは日が上ってからがいいんですか?」と僕。
「やっぱり朝のほうがいいよ。10時くらいまでなら釣れると思うよ」とおばちゃん。





実はほとんどスプーンを投げません。
難しいんだもん。
片膝ついて、ラインとロッドを一直線にして、一定の層を引いて、ラインの変化でアタリをとる。
難しすぎる。

僕の管釣りは、人があんまり使ってないルアーを作って、それで魚がワラワラやってきて、なんかテキトーにやってても釣れちゃうというスタイルです。

写真のペレットルアーなんか、朝のうちに限りますが、トラウトが集まってきて餌やり風景のごとく水面がバチャバチャになります。
飽きられてきたら、比重や色の違うペレットルアーを投げると、また集まってきます。
今日はピンクと茶色がよかった。

100%ルアーの能力で釣っていきます。

他にも面白いルアーがありますが、それはまた後日。

しかし10時を過ぎると、おばちゃんの言うとおりアタリが遠のく・・・。




今日はとくに渋く、大きいのでも40後半まで。




ビッグフィッシュ狙いの友人。
推定50upを二度かけるも、ラインブレイク。

僕は今回PE0.6号(10ポンド)を使用しましたが、強度はもう余裕すぎです。
大抵フックが伸びてバレます(←だめじゃん)

PEは乗りにくくて弾かれまくりですが、乗らないことよりもラインブレイクのほうが気分悪いので、しばらくはPEで行こうと思ってます。

ルアーを作っている人間として、自分のルアーに水面をバチャバチャさせながら魚が集まってくる光景を見ているだけで勝ちですからね。

今日はとにかく寒かったです。
山の釣り堀はもう釣り納めですね。
冬は、気が向いたらロックフィッシュ。
それ以外は来年のためにルアーをたくさん作ります。

Apple TVが届いたぞ


それは先週のこと。

Apple TVが届きました。
相変わらずおしゃれ。

別売りのHDMIケーブルを買うのに時間がかかって、今週晴れてAppleTVデビューです。

まずApple TVはどういうものかというと、
①iTunesに登録したPC内の音楽やビデオや写真をご家庭のテレビで見られる
②iTuresストアの映画がご家庭のテレビで購入・視聴できる。
③youtube Flickerがご家庭のテレビで見られる


要するにご家庭のテレビでビデオや音楽が楽しめる、ただそれだけ。
飯を食べるのもPCの前という、一人暮らし人には全然必要ないものです。

いつもPCの前にいることに対して、ブーブー文句を言われる人は購入を検討すべきです。
8800円ですからね。




コンデジとの比較。
小さい。

ハードディスクは内蔵してません。
Wi-Fi経由です。
iTurnsに対応したファイル形式に限定されますが、いちいちファイルを移動しなくていい。
良く出来てます。


ふとここで気づくのですが、PC用の地デジチューナーを買えば、HDレコーダーを買わなくて済んでしまいます。
HDレコーダーより、PCでの録画予約のほうがずっと楽ですからね。

外付けハードディスクも、2TBで1万円くらいですからかなりお得です。





こんな画面。
専用のリモコンか、iPhoneで操作します。
音量の操作ができないのが残念。






写真好きなら、スクリーンセーバーだけでも楽しめます。
フォルダをしていすれば、こんな画面で自分の写真が大小さまざまな大きさで下から上に流れます。

あくまでPCでできることがTVで見られるだけですが、けっこう満足度高いです。

2010/11/27

関西遠征4日目、つまり最終日

最終日、仕事前のようすけさんに姫路駅まで送ってもらいました。
4日間お世話になったようすけさんともここでおわかれ。
どうもです。
ありがとうございました。


さて、本日はフィッシングマックス三ノ宮店と南京町をブラブラしながらスナップを撮ります。



姫路駅。




姫路駅横の無印良品、開店前。



神戸のどこか。



最初はこれが南京町だと思った。
でも中華料理が全然見当たらなくてなんか変だなーと。
横浜の中華街に比べたら小さいと聞いていたけど、小さすぎるというか無じゃないか。




さらにぶらぶらして、これがホンモノの南京町だと気づくw
でも疲れてたので全然食欲なくて、肉まん1個食っただけ。

いや、ほんとに疲れました。
抜け殻というか。
そしてやっぱりスナップというものの面白さがよくわからないので、ブラブラをやめてマックでコーヒーをすする。

大阪湾は豊かな海でした。
東京湾もそうだけど、もともと豊かな海に人が集まって、それが大きくなって今の姿なんでしょうね。
シムシティで街を作るときも、そういうところに作るでしょ。
そんな土地、海。

そして自分の知らない釣りを見ることができて勉強になりました。
ミドストとシラサエビはかならずハチローでも試そうと思います。
エリートのミドストロッドとバジリスキーは購入決定。
シラサは売ってないから、それっぽいエビ探して。
そう、関西で見た釣りをマッディ八郎潟にアジャストして自分のものにしていきます。

フィッシングマックスのお買い物は、1万円チョット買って、送料無料で仙台に送りました。
土曜日に届くので、レポートはまた後日。

ようすけさん、あーりーさん、ほんとにお世話になりました。

2010/11/25

関西遠征3日目!!!

関西3日目。
天気予報、雨。
思えば前回の関西遠征も、メインの池原は雨だった。

さて、ようすけさん30分寝坊ですが、ボート屋の開店時間が今日から冬時間で1時間遅くなるという、そんな都合の良い流れ。


今日フロリダを釣れば5目釣り達成。
というわけで、釣れたバスは否応なしにすべてフロリダバスと見なします。
よろしく。



今日は全てHDR加工の写真でお楽しみください。

小雨の中出発。
風はないけど、こんな曇り空は巻物に良いそうだ。




感動の初琵琶湖。

曇り空。
曇りは巻物に良いという言葉を受けて、ジョイントベイト、シェリルクランク、フラットサイドクランクを巻きまくる。
すべてバズジェットクラスのハードベイト。

しかもあーりーさんが、3投目にチャターベイトで小さいながらも釣っちゃうもんだから、ますます強い釣りに傾いていく。
そして徐々に、世の中そんなに甘くないことに気づいていく・・・

ようすけさんも、チャターに8インチデスアダー、深いところはバクラトスイマー。
でもコレはようすけさんの標準。
だってようすけさん、スピニング持ってきてないですから。


その後は沈黙が続く。


だんだんルアーは弱くなって、eフラッパー5インチ改までルアーを小さくして、ウィードの中をシェイクしながら引く。
で、バイト。
ビシッと合わせたけど、すぐに軽いのがわかったので一気にゴリゴリ巻く。
テンションを緩めたらバレルだろうな、と。
フロリダバスがスピナーベイトのごとく水中をグルグル回って、回って、やっぱりバレた~(涙)

そして釣れない時間が続く。
釣れない時は、殺気が出てるということで、しりとりを開始。
釣り用語限定。
ルアー、アタリ、リッピング、グリフォン・・・ゼロ、危ねー、みたいな(笑)

結局しりとりは効果なかったです。




oga-32
oga-32 posted by (C)シェリルミノー
効果があったのはあーりーさんのミドスト。
エリートのミドストロッドを手にしたあーりーさんは、順調に釣る。
ファーストフィッシュ以外は全部ミドスト。

今回勉強になったのは、ミドストは必ずしも糸をたるませなくてもいいということ。
専用ロッドを使えば、ティップがラインの一部のようになってフルフル振れるので、ラインを軽く張っても大丈夫なのです。

絶妙にラインを放出するとか、そんなラインは緩んでも気は張るということはしなくてもいいそうです。

ちなみにようすけさんも同じロッド持ってます。
朝、家を出るときに、僕はそのロッドをたしかに手に持っていました。
「持って行きますか?」
「いりません」
そんなやりとり。


結局ダイナミック連合ようすけさんと、初琵琶湖シェリルミノーはボウズでした。

僕はスピニングに持ち替えてからコツコツアタリはありましたが、乗せることはできませんでした。




oga-33
oga-33 posted by (C)シェリルミノー


最後に記念撮影。

このあと最後の力を振り絞ってナマズの水路に行ったけどスピナベでワンバイトあるも乗らず。



あ、フナ買ったんだ。
これで5目達成。

明日は関西最終日です。

2010/11/24

関西遠征 2日目!!

2日目。
3時間か4時間か、そんな睡眠時間で出発。

もう信じられないくらい快晴で無風。
防寒対策重視で来た東北人には暑すぎる。



今日のテーマはシラサエビで5目釣りを達成すること。
写真はシラサ購入の風景。

シラサエビは関西限定らしく、東北では知らない人のほうが多いと思う。

ひよこサロンでシラサエビの存在を知ってから、興味しんしんだったのでした。

加えて、違う欲望もあったりする。
たとえばケニア人でスキーを経験した人はレアだ。
同じように自分も、東北人としてシラサエビでバスを釣ったレアな存在になるのが目的なのだ。




コレがシラサエビ。

透き通った神秘的ボディ。
ブクブクがないとすぐ弱っちゃう儚い生命力。
丁寧に針に付けても、ちぎれてしまうよデリケート
でも、1日では使い切れず、最後は捨てられるようにリリースされる。
そんなエビ。




一つ目の池ではギルの猛攻にあう!
でも3目達成!

これでデカバス釣るぞ。

ようすけさんは見えデカバスをシラサで狙う。
なかなか反応しない。
それじゃやっぱりギルで釣るべきなんじゃないかと僕も同じデカバスを狙う。

そしてそれは鯉だったというオチ。

意外にバスへの道が遠い。

満を持してたどり着いた山奥の池は水が抜かれて生命感ゼロ。

バスが遠い。

ようすけさんの解説では、バスがエビを見つけてピューって来れるような状態じゃないと、シラサ効果は半減するということだそうです。





そんなようすけさん、スプーンの早引きでリアクションバスげっと。





そして僕も、コバスが溜まっている場所を見つけて、無理やりシラサでバスげっと。
白いバスでした。
ちなみに東北では、白くなる前に雪とかで釣り困難になるので、白いバスはけっこうレアです。

なにはともあれ4目達成。

その後丸亀製麺でうどんを食し、5目を目指し、タチウオ、タケノコメバルを狙う。
疲れて頭がクラクラする。
釣れず。

あと1目。
あと1目と言っても、明日は琵琶湖。
バスはもう釣ったしね。
どうしましょうか。
何を釣りましょうか。

そうだ、フロリダバスを釣ろう。


疲労困憊

2日目終了。

4目達成。
あと1目。
それはもちろんフロリダ。

2010/11/23

関西遠征 1日目!

行ってきましたよ。
関西。
1年半ぶりですかね。




仙台空港でこんな写真を撮って、ビューンと飛んで、伊丹に到着。
着いたらあーりーさんが待っててくれました。
そのまま夜の大阪湾に。
こんなスケジュール、村田基さんとか村越正海さんみたいでしょ。

田舎で釣りを覚えた自分にとって、あこがれの湾奥。


着いてあーりさんのサーフスターにローリングベイトを結ぶ。

テクトロでワンバイト、乗らず。

再びテクトロでバイト、乗ったけど0.8秒でバラシ。

シーバスは確かにそこにいる。

今度は岸沿いにキャストして、引いてきて、3度目のバイト。
軽いけど確かな重み。
がっちり合わせたけど、軽い。
たぶん外れると思って一気に抜き上げ。
そしてやっぱり外れて、カツオの1本釣りみたいにセイゴが宙に舞う。
そのままボッチャーン。

うーん。

ラパラCD9に結び変えて、ショートバイト。

終わり。


今度はそのままバス釣りへ。
あーりーさんがシェリルクランクでバスをしこたま釣っている池です。

岸沿いに自作のジョイントベイトを引いてると確かな重み。
ドラグがジージー鳴る!
ジージーというのは、私はなぜかスピニングでジョイントベイトを投げていたのですね。
それでもって、途中でフッと軽くなって、それはつまりバラしたのです。

終わり。

いやー、たしかに魚のいるところにガイドしてもらってるのに、3バラシです。
申し訳ないです。




続いて、ようすけさんが迎えに来てくれて、姫路周辺で根魚釣り。
ようすけさんが「セイゴがいる」なんてこと言うので、ちぎったガルプをキャスト。
表層を引いていると1発目でセイゴが!

ありがとうございます。
関西での初フィッシュでございます。

ホントはこの時点で2,3匹釣ってなきゃいけないんですけどね。
なんつってもバラしてますからね。





根魚はあんまりアタリがない。
「満月だから、産卵かな?」とようすけさん。
それでもなんとかカサゴげっと。

よし、目標5目釣りに決定。

ふわふわ泳いでいるカニを引っ掛けて3目を狙うがフッキングに至らず。

すでに3時過ぎ。

疲労コンパイでようすけさん宅で眠りにつくのであった。

1日目終了!

達成度 2/5目
あと3目

2010/11/20

写真 The Light

oga062
oga062 posted by (C)シェリルミノー
Nikon D5000
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

パナソニックのGF2出ましたね。
1200万画素、素晴らしい。
それでいいんです。
マイクロフォーサーズ機なんだからもっと少なくてもいい。

それは置いといて、だんだん自分でも面白い写真が撮れるようになってきたかなー。
他人のいい写真を多く見るトレーニングが少しずつ力になっている気がする。

そこにコンクリの壁と照明があって、そこに立ってもらったら面白い写真になるかも!

そのヒラメキは、何も無いところから出てくるわけじゃなくて、過去に見た写真がどうにかこうにか影響して出てくるんだと思います。

ただなんというか、ちょいとシュールなだけにタイトルづけが難しい。

2010/11/19

琵琶湖用フラットサイドクランク




来週の初琵琶湖遠征用のフラットサイドクランクがなんとか形になりました。
3.5~4mくらい潜る、予定。
潜らなかったら板オモリを張って沈めます。

最近流行りのブレードも付けてみました。

色はすごく適当に見えますが、このルアーを早めにザーッと巻くと、斜め後ろから見たときブルーギルに見えるはず、期待。
ベースが白じゃなくて銀でも良かったかな。




デカイのも作りました。
でかいルアーを作ったときは、ザラかバズジェットと比較するのがバサーの常識です。

リップ取り付けで瞬間接着剤が流れだしちゃって汚いです。
指がボディにくっついて大惨事でした。

フラットサイドって、でかくても薄いんでけっこうちっこいのも食ってきますけどね。
とにかくこのルアーで釣るぞ!

あ、まだスイムテストもしてないので、一発本番ですね。
ラジオペンチとリップを削るヤスリを持って行きます。

2010/11/17

Nikon D7000 メーカーサイトの画像を勝手にいじる


D7000のメーカーサイトにあるサンプル画像を勝手にいじってみました。
レタッチの練習です。
まあ弱小ブログですので生ぬるい目で見守ってください。


カメラのレビューサイトによっては、jpegが眠いと言われるD7000。
上の写真はたしかに眠い感じがして、こういう写真をサンプルとして掲載していいのかと心配してしまいます。
フォトグラファー・チェイス・ジャービスはレタッチありきで撮ってるはず。
彼のサイトに行けば、D7000で撮った同じような写真が「ああ、やっぱりスゲーな、かっこいいな」という画になっているのだ。

その画を真似してみたい。

そんな動機で始めました。




とりあえずHDR化。
違うな。
気持ち悪い。

最近HDRで人物もうまくいってたので試してみたけどやっぱダメ。
暑苦しい画にはいいけど。
こんな風な


もうレイヤーを使うしかない。

つまりはレイヤーの練習のためだった。

おとといから使い始めた勉強を始めたGIMPで。
とりあえず「れいやあ?」というレベルは卒業できたはず。
がんばるぞ。



まずLightroomで水の色を変えていく。
人物は無視。
露光量↓ コントラスト↑ 赤↓ 緑↓ 黒レベル↑
そんな感じ。




次は人物の色を決めていく。
水は無視。
どういじったか忘れました。



最後に2つの画を合わせる。
色はいい感じだけれど、合成の技術が(涙)
髪の毛とかどうやって切り出したらいいんですか?
難しすぎるぞ。
もっと練習します。

でもまあ、人工的だけど一瞬は元画像より映えるでしょ?
こんな風にしてみんな写真をいじってるのかなーと思ったわけです。

2010/11/15

GIMPでレイヤー練習中 


ただいまGIMPというレタッチソフトでレタッチの練習中です。
とくにレイヤーという機能。

れいやあ?

というレベルの自分。
そんな最下層の自分にも理解できる言葉で書いてくれているサイトがこちら
GIMPのレイヤー機能、切り出し機能について初心者向けの分かりやすい説明。
ありがとうございます。


こんな画面でやってます。
デスクトップ画像なし、背景色は茶色。
サムスン製の21.5インチ。
14000円くらいでした。
自分には十分でした。


基本的にレタッチはLightroomでやってます。
サクっとスピーディに仕上げるときは非常に使いやすい優れたソフトだと思います。

ですが、どうしてもLightroomのブラシだけでは限界を覚える時も。
たとえば、
1、HDRで画像の一部分はあんまりHDRを効かせたくないとき
2、より正確にブラシを使いたいとき

まあ今のところこの2つくらい。
高度ハリウッド的な合成はまだ敷居が高い。



で、この写真の人物とコーラ部分をきれいに明るくしたいと思ったわけです。
今までなら、Lightroomのブラシを使って、コツコツと力技で人物をなぞって明るくしてました。
しかし、酒で震える手では限界が・・・。(注、実は家では全然飲まない人ですけどね)



そこで、Lightroomで画像全体を明るくしたこの写真から、人物部分だけ切り出します。(明るさだけじゃなくコントラストとか明瞭度などもいじってます)
切り出しも、先程のサイトに分かりやすい説明が。
ありがたや。
ファジー選択というらしい。

実は明るさとかコントラストとか明瞭度もLightroomなしでいけるんじゃないか?



元の暗い写真に、切り取った明るい人物を乗せるとこんな写真。
まあだからどうしたということですが、練習です。
かなり時間が短縮できました。

昨日の夜と今日の夜を使って覚えたことでした。
毎日少しずつテクニックが増えてる実感があって、今はまだ楽しい時期が続いてますね。