2017/03/24

LUMIX G 25mm/F1.7がうろたえるくらい安い。子どもを撮るのにはオススメできますよ

子どもが小さいうちは小さいカメラでいいや、ということでAPS-Cのボディとレンズを全部売る過程で、子どもを撮るのに使っているパナソニックの25mmf1.7が中古1万5千円で買えるくらい安くなっていることにうろたえました。

僕も白箱19000円で買ったんで十分安いんですけどね。

それにしても1.5万円か・・・。


GX1との組み合わせで1年間使ってきました。


解像力、とくに開放での甘さに酷評があるけれど、ちょっと絞ればしっかり写るし、AFの速さと軽さとコンパクトさと、ぶつけてもいいやという気楽さは子どもを撮るのに最適なレンズの1つだと思います。

止まっているものを撮るのであれば20mmf1.7の方が良さそう。
これも旧型が大分安くなってますよね。
写りもAFも変わらないのに。


子どもとカニをとりながら写真も撮れるwww

あ、いいですね、この基準。

APS-Cならソニーもいいけど、ファインダーなしのα5000まで。
α6000以降はそういう気楽なカメラじゃなくなった。

まあ、カニとりしながらっていう基準なら、各メーカーから出てる1型センサーのコンデジがベストでしょうけど(;´∀`)

ちょこまかした子どもがコレだけ写れば十分じゃないですかね。


Flickrから見つけてきたG25mm/F1.7の作例。

ほら、十分じゃないですか。

パナのカメラとレンズはカリカリシャープではないけれど、たぶん人を写すならこれくらいがちょうどいい気がするんですよ。

まあその辺は個人の価値観で違うんでしょうけれど。

カメラ好きの知人に「子どもが小さいうちは、自分の子どもくらいしか撮らないからGX1と25mmf1.8で十分」という話をしたら、彼は「子どもが小さいのは今しかないからフルサイズ機いったほうがいいんじゃない」っていう返答で、ああそういう考えもあるのね、と。



このレンズが苦手そうな画ですけど、まあなんとか。


このレンズのためにあるような、手軽なヤツ&背景ボケ。

米国とキューバの国交回復のときの写真でしょうか。

ちょっとぶれてますけど(ピンを外してる?)、イベント時の機動力重視で。

こういうのはもっと解像力のあるレンズのほうがいいかも。

人にはちょうどいい。
ちょうどいいです。