2019/02/17

カワイの絵本フェスティバルの授賞式に行けなかった。

ナメてたわけじゃないけど、二人目の子育てが忙しいです。
一人目とぜんぜん違う。

かなり時間に融通がきくのでなんとかなってるけど。

ただ、今回は融通がきかなかった・・・



うちの子は1年くらい前からカワイの造形教室という習い事に通っています。

友達が通っているのを見て、自分もやりたいって言い出したので。

そのカワイが主催する「絵本フェスティバル」に出展して、特別賞とかいう賞を頂きました。

特別賞がどういう賞であるかイマイチわかっていませんが、賞状と50色のクレパスをもらいました。
これから全国だったか宮城山形だったか、作品が各教室を巡業するそうです。

表紙のタイトルは「ライオンのおはし」と書いてますが、もしかしたら本人は「ライオンのおはなし」と書いたつもりかもしれません。

各教室で物議になるのが楽しみです。



それでですね、僕は仕事で行けなかったんですね。
行けなかったので、妻と義母義父にカメラを託しました。

GX1と25mmF1.7、60mmF2.8

この2つで中景と中望遠をカバーして下さい、と。

GX1には顔認証があるし、インテリジェンスオートという賢そうなモードがあるし、2つのレンズはそれなりにAFも早いし、まあ大丈夫だろうと。


でもね、撮れてないんですよ(;´∀`)

まずフレーミングで頭を全部いれずに切っちゃうんですよね。

全部入れなきゃダメってことはないけど、賞状を持って構えたら入れてほしいです。

それから、なぜかピンぼけ多数。

横向いてたら顔認識しないかもしれないけど、正面向いてて顔にピンが来ないって逆に難しいと思うんですよ。

あと、手ブレ・・・は仕方ないか。
手ぶれ補正のない単焦点レンズで、屋内でスマホ感覚だと手ブレしますね。
とくに中望遠は。

10年もカメラを触っていると、何気なく普通に撮っている技術が、もはや普通じゃなくなっているのかもしれません。

それでも動画を撮ってもらったので楽しめましたよ。

動画の撮り方教えといてよかった。



ところでシグマの60mmF2.8dnはよく写ります。


ちょっと無理やりモノをとってもいい。

建物もいい。




もちろんポートレートもいい。

子供が親から少し離れて遊ぶようになったら、このレンズはけっこう使えると思います。

まあでも、でも普通はオリンパスの45mmを選ぶかな。