2017/08/18

フォステクスのPM0.3、けっこう良いと思う。

フォステクスのPM0.3を仕事場でスマホを繋げて使っています。

10000円くらいで、僕基準でかなりいい音です。
こういうサイズですからね。
ぜんぜん期待していなかった分「あ、いいな、これ」と思いながらしばらく聞き入りました。

酷評されている人もいますが、PCやスマホにどこまでの音を求めるか、またメシと同様好みの問題ですし、まあ気軽に聞いて下さいというスピーカーです。

同じ値段ならヘッドホンの方がいい、というのもわからなくもないですけど、寿司とステーキを比べるくらい全然違うものだと思っていて、これもまあ好きなようにどっちも楽しんで下さい。
僕はスピーカーの音のほうが好きです。

同じくらいの小型のスピーカーではBOSEのM2が有名ですが、方向性が違うとはいえ、小型スピーカーとしてはどちらもハイレベルであるのは間違いないです。

ただ同じ価格なら音がよりゴージャスなM2を選びますw

スピーカーづくりも趣味なのでこの先も作ると思いますが、作ってなかったらこれで十分。

もちろんPCで聞く場合USB DACを挟んだほうが良いです。
このスピーカーの価格に見合うのは4000円程度でしょうか。
あと机の上に小さな本棚を用意して耳の高さにスピーカーを持ってくると、この小さなスピーカーでも音に包まれるような心地よい感覚が楽しめます。

2017/08/16

N-ONEにオーディオと充電用USBポートを取り付ける

アマゾンで注文した充電用USBポート。
中国から10日間かけてやってきました。

370円・・・。

なんかもういろいろ馬鹿らしくなる価格です。

四角い部分がコンバータで、OUTPUTが合計で5V3A、だった気がします。

ソケットの1つはスマホ充電、もう1つはスマホ冷却用ファンを回します。

スマホが2.1A、ファンは0.5Aくらいだと思います。

このように端子なし。
合計2.5A程度なので、電源はオーディオアンプから分岐させて貰います。
ギボシ端子を持ってないのではんだ付けしました。
はんだ付け、けっこう好きなんですよね。

スマホ冷却用ファン。

余っているCPUファンをUSBで回すように改造したものです。

オーディオレス車なので、取付キットを使います。
説明書を読みながらすすめます。
簡単なお仕事です。



もうすぐ出来上がり。

USBポートやソケットは1DINのポケットに押し込みます。

スマホでナビしてる人にはUSBポートは必須ですよね。

ファンのスイッチはここ。

なかなかいい感じに収まりました。

今年は涼しくて助かります。

2017/08/14

ダイヤモンド砥石からの三河油石


Gサカイの空を砥ぎます。

自分にとってバランスがサイコーで、鋼材による切れ味で語られることの多い刃物ですが、それ以上にこのバランスが故に手放せない包丁になっています。
家庭料理において使っていてストレスが少ない。

以前このサイトでハンドルが黒檀と書いたのに対し、「メーカーのサイト見たら合板だよ。その価格で黒檀は無理」って指摘がありましたが、僕のは黒檀です。

4、5年前にマイナーチェンジしたんですね。

最近包丁は全体的に高くなっていますので、その流れなんでしょうね。

いい時代に買えたと思います。


切れ味落ちたなと思ったら、だいたい三河油石のみ砥いでます。

ふだんからマメに包丁を研いでいるので、5分もゴシゴシすれば切れ味が戻ります。

欠けが増えてきた場合は面倒だけど中砥から三河油石。

酔仙さんがダイヤモンド砥石→三河油石というのをブログで紹介されてたので、僕も試してみました。

SK11の#1000です。

ダイヤモンド砥石の#1000は普通の砥石の#1000と番号をふる基準が違うんじゃないかと思えるくらい、包丁のほうがガリガリ削れていきます。

それはそれで頼もしいのですが、粒子が硬くて尖っているので、包丁に深く鋭い傷が残ります。

その傷を消すのが面倒なので、直接包丁をダイヤモンド砥石で砥ぐことを避けていました。
 

今日は時間があるので、覚悟を決めて三河油石でキズが消えるまで砥いでいきます。

 テラッテラになりました。

角度を変えるとまだ残っているのがわかるけどしんどいのでこの辺で終了。
自分の包丁ですしね。

 
大変でしたけど「キズを消す作業」でわかったことがあります。

三河砥石に対しては一切の遠慮は必要なく、力の限り砥いでも問題なし。

切っ先は包丁の強度が心配なので加減しますが、それ以外は角度に注意しつつ親の敵が如くゴシゴシやっちゃった方が結果が良いみたい。

石の硬さが普通の砥石と全然違いますからね。



1本砥ぎ終わった砥面、しかも洗い流す前。

黒い砥泥がほとんど出ないので台所が汚れないのが助かります。

ダイヤモンド砥石からの三河油石。
たしかに速く砥ぎ終わるけれど、望むなら#5000くらいのダイヤモンド砥石が出てくれたらなと思います。
 

2017/08/13

ベースグレードのN ONEにオートライトをあとづけした


今回購入したベースグレードのN-ONEは、オートエアコンだけど、オートライトとワイパーのINT調整がありません。

メインで乗っているキューブにはオートライトとワイパー調整がありますが、エアコンはマニュアルです。


個人的にはエアコンはマニュアルで困らない。

同じ25度でも、寒いと感じるときもあれば暑いと感じるときもあって、その都度手動で調節しますよね。
オートの意味がないんです。

でもライトは運転者の個人的な感覚ではなく、他人から見て暗くなったらついてもらわないと安全上困っちゃいます。


というわけで、オートライト後付です。
CEPから出ているキットを購入。
約8000円。

ネットには「作業は簡単」って書いてました。


内張りをバリバリ剥がしていきます。


こういう奥のネジに手こずりつつも、

バリバリと順調に作業は進みましたが、

配線が出てくると、・・・手こずる前に言葉を失います。

いや、やることは単純なんです。

しかし配線がギュウギュウで割り込みがキツイ。

簡単だと思っていたことが面倒なだとわかったときの落差にやられました。

いったん部屋に戻り、コーヒーを飲んで心を落ち着けます。


気持ちを整え、作業を再開し、上の写真はなんとか作業を終えたところですけど、指がつりそうになりました。

あと、たぶん割り込みコネクタのサイズがあってない気がする。

車側とキット側の線の太さが違っていて接触不良が怖い。

それでも集中力を切らさず作業します。



センサーはとりあえずここに。

コントローラ(本体)はココ。

なんとか1時間くらいで作業終了。

夜になって走りましたが、ライトがついていたのでたぶんうまくできたと思います。

あとは夕方どの段階で着くか、ですね。

ちょっとでも薄暗くなったら、たとえば雨の昼間でも、スモールライトなんてすっとばしてビカビカに全点灯してほしいです。