2018/07/17

今年のAmazonプライムデーは衣類乾燥除湿機ぃぃ!

Amazonプライム会員2年目です。

1年間使った感想としては、配送の時間指定が便利な程度。

プライムビデオ見放題→映画とか2時間まとめて見る暇がない。
プライムミュージック→音質が残念で聞けない。

ビットレート256kbpsらしいけど、プレイヤーが悪いのかな。
256kbpsってそんなに悪くないはずなんだけど。
無料で聞く範囲であってもSpotifyのほうが好みです。

そんなわけでプライムは1年でやめるつもりだったけど、プライムデーでもとをとればいいじゃないか、という勢いで継続しました。



まずこれ、コロナの衣類乾燥除湿機。

妻に「包丁買いたい」って言ったら、その前に衣類乾燥機と返されて購入にいたる。

16000円→13600円
 
これだけで2400円元をとる。

うちにはユーティリティルームという3畳ほどの部屋(洗濯機と洗面台、衣類収納棚がある)があるのですが、そこに物干し竿をつけて、この乾燥機を置いて、洗濯物乾燥室にすることになりました。

すでにステンレスパイプで物干し竿は設置したので、まあそうですね、おっしゃるとおり、衣類乾燥機買わないと駄目ですよね。


 Seagateの外付けハードディスク(1TB)

6500円→5100円で1400円OFF

USBメモリ3本に子ども用の動画を入れてTVで見れるようにしているのですが、まったくもって足りなくなったのでHDDに変更です。
 

アマゾンベーシック充電池。
1500円→1050円で450円お得。


 Amazonギフト券。

5000円分買って自分に送るだけで500ポイント貰えるらしい。
500円お得。
 
ここまでで非プライムより4750円お得。

さらに2万円以上買うと5.5%ポイント還元らしい。

なんだかんだで25000円くらい使ったから、1400円分くらいポイントがつくみたい。

ほんとに?

ほんとにホントだとすると合計で「6200円分」くらい非会員よりお得ってことになります。


プライム年会費は4000円。

4000円か…まあ良かったのかな。




その他セール対象外だけど祭りの雰囲気に流されて買ったもの。
 

コーヒーポット。
250mlの小さなやつ。
職場用にひとつ持ってるけど、自宅のポットより遥かに使いやすいので自宅用にも購入。
1200円くらい。



120GBのSSD

3800円くらい。

型落ちでランダムアクセス・書き込みは遅めだけど、読み込みは十分速い。
あと1200円だせば書き込みも早いサムスンのSSDがセールで買えたけど、古いノートPC(Sandy時代のi5)の起動時間短縮が目的なので、これでいいと思います。
安いですよね。


それからキリマンジャロ。
1300円くらい。
もちろんセール対象外。

こんなところ。

水曜に届く予定。
コーヒー豆が1番楽しみ。


2018/07/15

1杯分の水出しコーヒー抽出方法

20年くらい前だったと思いますが、美味しんぼを読んでいると、水出しコーヒーが究極のコーヒーとして紹介されていました。

方法は簡単で、麦茶みたいにお茶パックの中にコーヒーの粉を入れて、水の中に放り込むだけ。

当時住んでいた学生寮にお茶パックがなかったので、コーヒーの粉をフィルターに入れて、折り込んで塞いで、ホチキスで念入りに止めました。

けっこうよく覚えています。

そしてその味にガッカリしたことも覚えています。

・・・ナニコレ麦茶じゃん!?

「雑味がない、スッキリとした究極のコーヒー」と山岡さんは言ってたけれど、いくらなんでもスッキリしすぎ。


あれから20年、こうしてコーヒーにハマって、ふと疑問が湧いてきます。

あのとき不味かったのはしょぼい豆のせいだったんじゃないか、うまい豆を使えばうまい水出しコーヒーになるんじゃないか、と



 水出しコーヒーの抽出ボトルは、ハリオから良さそうなのが出ています。

でもちょっとデカすぎ。

1杯でいい。


 1杯用の水出しコーヒー抽出器をつくりました。

材料費は105円。
ダイソーのアルミ針金。


 こうしてカップに収まります。


 直前に挽いたコーヒー粉を入れて、水でひたひたにします。

豆は5日前に焙煎したエチオピア。
酸味を残した中煎りです。

 冷蔵庫で3時間、冷やしながら抽出。

はい出来ました。

味は・・・あ、ちゃんと美味い。

麦茶じゃなくてコーヒーの味がします。

酸味があって、香味もある。

やっぱり豆の違いか~。

濃い目に入れて氷で一気に冷やす方式と比べると、たしかに山岡さんの言う通り雑味が少ない。

あとなんだろう、雑味はないんだけどなんとなくトロみがあるというか、口の中でコーヒーの成分がまとわりつくような感じがします。
なんか上手く表現できないですね。

香りは一気に冷やしたほうが強いと思います。
一般的には氷方式のほうがコーヒーらしくて美味いと思うけど、水出しは、これはこれでアリですね。


夏は出番が増えそうです。


2018/07/11

アマゾンで一瞬だけカッコよく見える包丁

か、かっこいいですね。


値段を見ると・・・ええええ!?

どれも2500円前後・・・

ひと桁ちがうんじゃない?と思いましたが、よくよく見ると、ダマスカス模様はただのプリントでした。

スマホの小さな画面で見ると一瞬だけほんとにカッコよく見えます。

スマホで注文して届いた実物を見たらがっかりするでしょうね。


まだダマスカス模様のプリントがないこっちのほうがマシです。

まあ、まったくもってマシなんて言える包丁でないと思いますが。


たぶんパケ出しで一太刀目は一応切れると思います。

包丁の鋼材について知識がなければ、「あ、切れる、いい買い物したな」となるでしょう。

1週間後、柔らかい鋼材は確実に丸くなっていますが、そもそも包丁が切れるとか切れないとか気にしない人は、切れなくなっていることに気づかないでしょう。

1ヶ月後。
なんとなく切れなくなったな、とようやく気づくけど、その程度です。
切れない包丁で押し引きしながら料理をし、 凍った肉を切って刃こぼれしてるころだと思います。

1年後、刃こぼれがひどくなりすぎて、新しい包丁を買うに至る。

左はメインで使ってるVG1の空。
2012年に買いました。
送料をあわせても7000円。

右はそれ以上に切れる関孫六4000CL(廃盤)。
キレッキレ。
なのに驚きの2900円。
いい時期に買えました。

家庭の使用頻度なら、どちらもこの先10年使えると思います。

駄目になったら駄目になったという口実で新しい包丁を試してみたいけど、駄目になる気配がない。

いいんだかわるいんだか。

7000円の包丁。
そう考えると全然高い買い物じゃないと思うんですよね。


もし明日、VG1の空が駄目になったら、もう一度空を買うか、あるいは妻の手に合わせて165mmの関孫六にいくかも。

ダマスカス7980円。


ダマスカスである必要はないけれど、芯材がVG10で、しっかりしていて手頃な値段。


あるいはヤクセル曜69層。
9680円

ダマスカスは不要なので、こっちでもいいかも。
ヤクセル曜3層。
7145円

かっこいいからテンションが上がる。

どちらも芯材はVG10。



性能だけで見れば4000STで十分。
知人に勧めてそのまま購入。
そして知人が買ったことで、その友人2人も購入。

使わせてもらったけどほんともうこれで十分。

今4500円だけど、当時は2500円で買えたんですよね…。

タイミングって大事。

2018/07/09

グァテマラの生豆を買いました。

グァテマラSHB、1300円/kgくらい。

なんともコスパのいい遊びですね。

コロンビア・エクセルソ、エチオピア・シダモにつづき3種目の生豆です。

豆の状態は、コロンビアよりはバラツキがあるけど、エチオピアよりきれい、といった印象。


エチオピアシダモは枝豆と小豆と大豆が一緒に入ってるくらいのバラツキ(言い過ぎ)ですが、うまく焙煎できると小さい豆がふっくら膨らんで、仕上がりはかなり揃ってきます。

例えばフレンチローストくらいまで深煎りすれば確実に膨らみます。
でも、それだとエチオピアの爽やかな酸味が飛んでしまう。

浅めの焙煎でいかにうまく膨らませるか。

弱火で時間かければいいのかな。

ということでエチオピアはやや上級者向けの豆であるように思います。

いっぽうグァテマラ。
ネットでグァテマラコーヒーを検索すると、フルーティー、爽やか、酸味、花のような香り・・・キーワードがシダモに似た爽やか系が出てきます。

気楽に焙煎できる爽やか系だったらいいなという期待で買いました。


焙煎完了。

粒が揃っているのできれいに焙煎できます。

味は・・・これも美味い。

エチオピアとグァテマラ、どちらも爽やかな酸味はありますが、方向性は違う。

エチオピアが花系の爽やかさであるのに対して、グァテマラはフルーツ、それもどちらかというとマンゴーとか南のこってり系のフルーツの印象。

うま味が強いですね。

香りの独自性という点ではエチオピア、コーヒーらしい旨味ではグァテマラ。

そんな印象。

つぎはキリマンジャロを試してみます。

2018/07/02

ゴミみたいなサンスベリアをもらったので再生した。

ちょっと前のことですけど、ゴミみたいなサンスベリアをもらいました。

管理ができなくて伸びすぎて、すでに捨てるためにゴミ袋に入っていたので、文字通りゴミです。

ちょうどサンスベリアが欲しかったのでゴミ袋ごともらいました。

これを再生します。


状態のいいところを集めた一軍。
このまま定着するでしょう。


大きな葉は駄目になっていたけど、新芽(葉)が生きていたもの。

すくすく大きく育っていくでしょう。



きれいな葉先を切って刺しただけ。

いずれ乾燥してしわしわになるかも。
でもそのまえに根と新しい葉が出てくる予定です。
そうなったらシワシワの葉はカット。


テキトーに切って、葉挿ししたもの。

トゲのないアロエみたいなものなので、土を湿らせておけば根が出てくるはず。

ただまあ根が出たところで、鉢もないしこれ以上増やしてもしょうがないので、実験みたいな感じです。


細長い鉢はサンスベリアの定番ですね。
カインズで700円くらいだったかな。