2010/11/24

関西遠征 2日目!!

2日目。
3時間か4時間か、そんな睡眠時間で出発。

もう信じられないくらい快晴で無風。
防寒対策重視で来た東北人には暑すぎる。



今日のテーマはシラサエビで5目釣りを達成すること。
写真はシラサ購入の風景。

シラサエビは関西限定らしく、東北では知らない人のほうが多いと思う。

ひよこサロンでシラサエビの存在を知ってから、興味しんしんだったのでした。

加えて、違う欲望もあったりする。
たとえばケニア人でスキーを経験した人はレアだ。
同じように自分も、東北人としてシラサエビでバスを釣ったレアな存在になるのが目的なのだ。




コレがシラサエビ。

透き通った神秘的ボディ。
ブクブクがないとすぐ弱っちゃう儚い生命力。
丁寧に針に付けても、ちぎれてしまうよデリケート
でも、1日では使い切れず、最後は捨てられるようにリリースされる。
そんなエビ。




一つ目の池ではギルの猛攻にあう!
でも3目達成!

これでデカバス釣るぞ。

ようすけさんは見えデカバスをシラサで狙う。
なかなか反応しない。
それじゃやっぱりギルで釣るべきなんじゃないかと僕も同じデカバスを狙う。

そしてそれは鯉だったというオチ。

意外にバスへの道が遠い。

満を持してたどり着いた山奥の池は水が抜かれて生命感ゼロ。

バスが遠い。

ようすけさんの解説では、バスがエビを見つけてピューって来れるような状態じゃないと、シラサ効果は半減するということだそうです。





そんなようすけさん、スプーンの早引きでリアクションバスげっと。





そして僕も、コバスが溜まっている場所を見つけて、無理やりシラサでバスげっと。
白いバスでした。
ちなみに東北では、白くなる前に雪とかで釣り困難になるので、白いバスはけっこうレアです。

なにはともあれ4目達成。

その後丸亀製麺でうどんを食し、5目を目指し、タチウオ、タケノコメバルを狙う。
疲れて頭がクラクラする。
釣れず。

あと1目。
あと1目と言っても、明日は琵琶湖。
バスはもう釣ったしね。
どうしましょうか。
何を釣りましょうか。

そうだ、フロリダバスを釣ろう。


疲労困憊

2日目終了。

4目達成。
あと1目。
それはもちろんフロリダ。

2 件のコメント:

  1. バスははずしましたね。普通に狙ったほうが釣れたかもしれません汗

    返信削除
  2. ルアーで釣るならこっちでもできるんで。
    シラサで釣ることに意味があります。
    ただ、あんなに余るのならリッチに房掛けでいけばよかったかなかな~とw

    返信削除