2015/06/03

ドッペルギャンガー、ブラックマックスのシートが落ちてくる

シートがこれくらいの高さだと快適なのですが、だんだん落ちてくる、しかもシートチューブが折れるらしいという話の続きです。

ネットで見られる折れてる写真その1、後方へポッキリいってます。

こういう折れ方だそうです。


シートチューブの中でシートポストが遊んでいるために、グラグラして、そのうち金属疲労で折れるらしいです。

また、シートクランプだけで止めているので摩擦力が足りず、体重をかけると徐々に落ちてくる、というのが僕のチャリの症状です。

それに対応している人の例。

いったん下までシートポストを突き出させてから、遊びが無くなるようにテープを巻いて、それからまた上げるらしいです。

なんだ、かんたんじゃないか。

それで僕も真似してみたら、とちゅうで上がらずに止まってしまうんですよ。
なかで何かに引っかかっているみたいなんです。


それでペンライトで照らして中を覗いてみたら、チューブの中に溶接痕のような出っ張りがあります。

前回、シートが途中まで落ちると、そこから先はうまいこと固定されると書きましたが、どうやらここで止まっているみたいです。
止まっているといっても、完全ではなく、ジワジワと落ちては来るんですけどね。


ドッペルギャンガーブラックマックスは、BBの位置がミニベロにしては高い位置にあって、おかげでいろんなクランクが楽しめるのですが、シートを相当高くしないと乗りづらくなります。

近い距離専用であれば、シートが低くても我慢できますが。

もうできる対応先は、長いシートポストを買うくらいしかありません。

値段をみると、大体3000円。

1万円かけてここまできれいにしたとはいえ、今後も殆ど乗らないし(マウンテンバイクがあるので)、あまり思い入れのないこのチャリのために買うべきか、否か。
しかも、買ったとしてもジワジワと落ちてくることに変わりありません。

うーん。

もうちょっと考えてみます。>>つづきの解決編





.

0 件のコメント:

コメントを投稿