2012/08/29

新素材を導入

ジャーン!!

年に3回くらいしかやらないトップウォーター用のロッドをマイナーチェンジしました。
かっこいいな~。

もともとはダイワのインターラインロッドをブランクスにしてましたけど、反発力が強すぎるのと、ラインを通すのが面倒だということで使用頻度が年々減ってきてました。


 新しいブランクスは、先日つくばのタックルベリーで買ってきた100円のロッド。
缶ジュースよりやすいロッドです。

セパレートグリップのシャフトを作るために買ったのですが、まだ6ftほど余っているのでこっちのロッドに換装。

素材はグラスだけど、肉薄だし100円だしで、とにかく頼りない。
そこで、バット側1/4の内側にはカーボンブランクスを残しました。
気持ちよく使えるのは、5g~15gくらい。
まあいいんじゃないでしょうか。

 新素材というのはブランクスのことではなくて・・・この飾り巻の部分。

そう、スレッドに替わる素材です。

 またまたジャーン!!
スウェードです。
柔らかくて手触りのいい、なめした革でございます。

もちろんスレッドで固定してから、カバーをするようにスウェードを巻いているだけなんですけどね。
飾り巻の素材としての新素材スウェードです。

 ガイドは6個で900円くらいだったかな。

スウェードは400円くらい。

そして何度も言いますがブランクスは105円。

手触りいいですよ。
もともとここは、テニスのオーバーグリップを巻いていましたが、ぼろぼろになっちゃって。
濡れたときにどういう感じになるのかが心配ですけどね。

 バッドの飾り巻の部分ももちろんスウェード。

でも最近ナマズとかエイとかそんなのばっかりで、ぜんぜんバス釣りしてないな・・・




0 件のコメント:

コメントを投稿