2012/01/11

クランクベイト製作中

 以前ほどじゃないけれど、ときどき無性にルアーを作りたくなるんですよね。

シェリルクランクの、もっとシャロー版。

もともと10cm~70cmくらいまでのシャロークランクですが、ウェイトと鮎玉1号から0.8に。
リップも短くして、その分テールも短くして、グリグリ巻いて水深40cmくらいでチドル予定。

エポキシのコーティングに失敗して気泡だらけwww
この上からいつもウレタンでドブ漬けするのですが、やっても汚いままですね。
まあいいんです。

こっちは、キューブカラーよりも10cm深く潜る予定。
伊達政宗カラーです。


アイはいつもこういうのをいっぱい作っておいて、ルアーに仕込むときに捻ったり先端をL字に曲げたりして使っています。

一度、タイで雷魚を釣ってもらったときにアイが外れたんですよ。
藻だるまになって。

雷魚なんて全然想定してなかったのですが、 強度に関してちょっと反省して、それから仕込み方を少し変えました。

アイのとおる溝を少し大きめに掘って、そこに瞬間接着剤を流しこむようにしています。



それからさらに5つ。
左はサイズ比較のためのブリッツ。

ガッツリ太いでしょ。
ボリュームはバルサB2です。
それをオマージュしてますから。

これだけ太いのに中に入っているウェイトはブリッツと同じくらいです。

浮力の高いルアーは引き抵抗が強いんですよ。
ルアーはガンガン浮上しようとしますよね。
それを潜らせるわけですから。

このルアーを使うようになってから、手首がしんどくてグラスのロッドが欲しくなって、バスプロショップスのを買ったんですよね。

今日はこの辺でさようなら

0 件のコメント:

コメントを投稿