2011/03/06

キラーコンパスS字チューン やっとできました。

簡単にできると思っていたキラコンのS字チューン。

たしかにシンキングなら簡単。
問題はフローティング。
素材自体の浮力が低くてフローティングでのS字はけっこう難しかったのだ。



背中に発泡スチロールを入れて浮力を稼ぎました。
キラコンはたぶんライン絡みを防ぐためだと思うけど、ヒートンで直付け。
リングをかました方が動きはよくなると思います。
沈むかもしれないけど。

動きはこんな感じです↓





iPhoneでそのまま撮ったけど、アップロードするなら横で撮るべきだったんですね(汗)

フローティングの特権は止めてちょんちょんできることですよね。

もともとテールの浮力が低くて斜め上を向いてうきます。
そのため、ちょん、ちょん、とボディが折れても自然に真っ直ぐに戻ります。

フニャフニャのスキンを剥いだりかぶせたりしてるうちに目がとれちゃった。
手元にある目は一回り小さいけどだいじょうぶだよね。

それでは15君、遅くなったけど送りますねー。

2 件のコメント:

  1. この忙しいときにすいませんw

    たいへんなムチャブリだったと反省しておりますm(__)m

    実にすばらしいですね!!

    水面に残る波紋もいいですね~

    これは間違いなく釣れます!

    河口湖のヘラブナパターン、海外ならテラピアパターンにドンピシャです☆

    ありがとうございます!!

    返信削除
  2. スイムテストしながら、きちゃったなー、コレ釣れちゃうなーって(笑)

    フローティングで音がなしはこれだけですし。
    もう一個自分用に作ります

    「リング付き、毛なしフック」が一番安定して泳ぎますが、ステイを考えたら毛ありでいいかもって思います。

    もうちょっと待っててくださいね。

    返信削除