2011/03/09

Bloggerのコメントが表示されない事件について

2月半ばからコメントが表示されない事件が多発しました。

時期的に、温家宝やカダフィ大佐あたりがアヤシイ。


釣りを通しての民主化を是が非でも阻止したい構えだ。
基本的にネットは彼らの敵だからね。

ついに僕のブログにも独裁政権の手が伸びてきたというわけだ。




でもどうやらBloggerのスパムフィルタ機能らしいです。

G-Mailのフィルタは高性能ですが、コメントのスパムフィルタはかなりテキトーに振り分けているっぽい印象。



ここに表示されなかった、つまりスパムとみなされたコメントがずらーっと並んでいました。

煙のないところになんとかというからには、たぶん怪しげな単語が含まれているんでしょう。

と思ってしげしげチェックしましたが、全然分からない。
何が何がしでどうスパムと判断したんでしょうか。


一応過去のコメントを全部公開させていただきました。

公開することでフィルタの精度が上がっていくと思うからです。

それからコメントが表示されない場合は、そういうわけでスパム入れに振り分けられているはずですので、毎日僕がきちんと拾い上げますので安心してくださいね。


Bloggerを使っている人は、コメントタブの「公開済み」と「スパム」のうちの「スパム」をチェックしてみてください。

2 件のコメント:

  1. スパム扱いされたコメントを発見したのですが、いずれも長文でした。コメントの字数制限があるか調べたのですが、分かりませんでした。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。
    ブログとウェブサイトのギャラリーの写真も拝見しました。
    素晴らしい写真ですね。

    あ、スパムの話でした。
    確かに長いコメントはことごとくスパム扱いされ、短くてもダメなものもあったりで、僕にはよく分からないのが現場です。
    とりあえず「スパムボックスのチェック」が日課になりました。
    スパムから解除した人も、コメント次第でまたスパムになったりで、一つひとつ手作業しかないみたいですね。

    返信削除