2010/10/07

写真 レガシィワゴン

oga050
oga050 posted by (C)シェリルミノー
Nikon D5000
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

カタログとか絵はがきとか、そういう王道的な写真って揺るぎないバランスがあると思う。
どこかで見たことがある、マネ、創造性に欠ける、オリジナリティがない、なんて言われるけど、やっぱり揺るぎない。
それを超えるのは容易じゃない。

ところで、このバランスってやってみるとけっこう難しいです。
人の写真を見てるとよくわかります。
あ、もっと空の割合増やせばいいのに、とか、この人物はもっと端っこにしなきゃ、なんて思ってしまう。
たぶん私の写真もそんな風に思われてるんだろうな。

私にはそういうバランスをファインダー越しに見切ることは不可能なので、何枚も同じような写真を撮って、その中から1枚を選ぶようにしています。
10枚撮って1枚とか。
水滴の写真なんて300枚以上撮りました。
最後に2枚いいのが残って迷っても、アップするのは必ず1枚。
必ず、ムリヤリでも決定することが重要かな、と。
そうして感覚が、あるいは力がついていくと思ってます。

と、ここでふと思う。
写真をやっている人がああだこうだと語り合うのも面白いけど、素人に見せて「おー!」って声が出るかどうか、これが重要だな、うん。
この場合、女の子よりも男に感心を持ってもらうほうがウレシイ・・・アブないな。

2 件のコメント:

  1. >写真をやっている人がああだこうだと語り合うのも面白いけど、素人に見せて「おー!」って声が出るかどうか、これが重要

    そうです! 絶対そうなんですよ。

    正直、カメラ雑誌や価格ドットコムの掲示板の写真なんてよくわからないんですよ!(笑)。それ、正当な評価を下されるのが怖いだけのシュールという盾に隠れた表現じゃないのと。

    一瞬パッとみて伝わるか、伝わらないか。それが"写真がうつすもの"じゃないのかと。またアドバイスあれば、なんでも書いてくださいね。空はもうすこしいるだろう、とか(笑)。

    返信削除
  2. 価格ドットコムはほんとに分からないですね。

    シュールなのは、まだその人なりにあれこれ戦ってるさい中なのかなーと思いながら見ています。

    あと写真雑誌、とくにコンテストの写真って、「コンテスト用写真」というジャンルがあるんじゃないかと思うようになりました。
    あの自然なほのぼのしたストーリーを感じさせる写真は、逆に難しい。
    思うに審査員って平均年齢だいぶ高いはずなんですね。
    最近まわりからコンテストに出さないの?って言われますが、僕の写真はカッコつけてるのでたぶんダメです(笑)

    でももっとカッコつけたい。
    カッコつけて「オー!!!」って言われたいです。

    返信削除