2018/02/24

in vitro(インヴィトロ)でコーヒー豆を買ってきた。

コーヒーだいたいなんでも好きです。
インスタントも大好き。

でも時々いい豆で淹れたくなります。


in vitroというカフェで豆を買ってきました。

店内で焙煎しているブラジルセミウォッシュド100g626円。
一杯62円になります。


焙煎から3日。

うわー、めちゃくちゃ美味い。

そして僕には高級すぎ。

3日でなくなりました。

500g637円のキリマンジャロブレンド。
一杯11円。
いつもの生活水準にもどりましたねw

焙煎された豆はすぐに劣化するので真空パックします。

すぐに飲む100gだけジップ付きの袋に入れ替え。


上が安いキリマンブレンド。
下はインヴィトロのブラジルセミウォッシュ。

キャンプでも使ってる3000円位のミル。

紅茶用のステンレスフィルター。

オイルが浮かんで香りが強く、ワイルドな味わい。

カスが通り抜けて舌触りが悪いので、底から1cmくらいを飲まずに捨てます。

ペーパーフィルターはスッキリした味わい。

ドリッパーはアルミ線で手作り。

使ったあと水でサッと流すだけ。
洗わなくていいのが素敵すぎます。

コーヒー豆10gの計量カップ。

キリマンブレンドを蒸らします。

500g700円で十分美味いですね。

お湯の温度、注ぐ速度、分けて注いだり一気に注いだり、ペーパーだったりステンレスだったり、淹れ方次第で味がぜんぜん変わってきます。

この実験っぽい変化が面白いから手間を掛けて淹れてる気がします。

2 件のコメント:

  1. すっかりレス忘れてました。
    私のような安い舌ではコーヒーの味が分りません。
    普段飲んでいるのはエクセラかブレンディなもので、その違いさえ良く分らない始末です。

    返信削除
  2. 僕も仕事中はエクセラですw
    常にストックしてます。
    エクセラは冷たい水に溶けるので夏はとくに必需品ですね。

    返信削除