2017/12/03

フィリップスのSHE9100を買った。

 2年前に買ったEX450が行方不明になり、結局出てこなかったのでフィリップスのSHE9100というイヤホンを買ってみました。

SHE9100はビックカメラの独占販売で、以前は3800円くらいだったと思うのですが、いつの間にか2000円になってました。

ゴールデンイヤーという神耳エンジニアが手がけたイヤホンが2000円。
買ってみようと思うじゃないですか。

ネットでのレビューは、1中高音キレイ、2素直、3低音弱い(けど十分という人も多い)、みたいなところ。

それでは耳の奥に突っ込んで聞いてみます。

うーん、確かに1~3はその通りだけど、ネガティブに捉えると特徴がなさすぎて言うことに困ります(;´∀`)

フラットだけど、モニターというには少し情報量が足らない気がします。

パケだしというハンデはあるにしても、ドライバ径の違いからか、EX450の方が低音に余裕があったし、それでいて高音も全体の情報量もEX450の方が上であるように思えます。
EX450の高音は少し人工的な感じはしますが、嫌なシャリではありません。

…なんだろ、無くしたEX450への未練かな。

素直というのがどういうことなのかよくわかりませんが、女性ボーカルはSHE9100の方が自然。
ペーパーコーンのフルレンジスピーカーで聞いている良さというかなんというか。

音以外に良い点を書き加えると、ステムのアングルがほとんどないのでシュアがけするときにLRを逆にしなくてもいけます。
それからサイズが小さいので金属ハウジングでもかなり軽い。
まあどちらも僕には十分な音です。

SHE9100のもともとの価格(3800円だったと思う)はEX450と完全に被るので、その価格なら派手めのEX450のほうがおすすめかな。

屋外で聞くとすれば、SHE9100は低音不足で物足りないと思います。

でも今回の購入価格は2000円。
そもそも音楽をイヤホンで聞かなくなった今の状況において、これはこれで良い買い物をしたなと。
 少なくともつなぎで使っていた900円のパナソニックHJE150より遥かにいいです。

エージング(ほんとにあるかどうか知らないけど)が楽しみ。

0 件のコメント:

コメントを投稿