2016/11/09

ケースファンをUSB接続にしての回転数を落とす話


まな板PCというジャンルがありますが、我が家のメインPC(右)はまな板でサンドしている構造になっています。
それにはファンが3つあって、CPU、グラボ、ケース内部をそれぞれ冷やしています。

 

しかしほとんどむき出しに近いうえ、デスクの上に置いているので少しうるさいんですよ。

CPUファンは、温度に合わせて回転数が変わってくれるので、ブラウジングくらいではユルユルでそれほど気になりません。

気になるのは一定数で回っているグラボとケースのファン。

開放的なPCにおいて、ケースファンとグラボのファンは回転数を減らしても問題なさそうな気がします。



やってみましょう。


ケースファンは通常12Vで回っていますが、それを5VのUSB接続にすればパワーダウンしてくれるらしい。

ダイソーのUSBケーブルをむしって、赤は赤、黒は黒で繋いで、その他の色は無視します。


雑ですが、一応ちゃんとハンダ付けしています。

雑なのはテープです。


いいですね。
ユルユル回るようになりました。


この風の通り道に、ファンを外したグラボがあります。


ファン3個→1.5個といった具合でしょうか。
夏はどうかわかりませんが、仙台の冬は大丈夫でしょう。
だいぶ静かになりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿