2015/07/13

Cannondale Killer V900を貰った

自転車通勤に伴い、自転車ネタ。

自転車面白いです。

リールを分解清掃するような人は、たぶん自転車ハマると思います。



キラーV900取得の経緯。

実家の母親は60すぎのおばちゃんですが、ジャイアントのエスケープというクロスバイクに乗っています。
中高年の暇にまかせて1日50~60kmくらい走るみたいです。

近所のおばちゃん仲間に、「マウンテンバイクも乗ってみたい」と話していたところ、「息子が乗り捨てたマウンテンバイクが邪魔だから持って行っていいよ」という話になり、捨てるにも金のかかる時代ということもあって、5000円という低価格で買い取ったらしいです。

しかしながら乗ってみたところフレームサイズが大きすぎて、調整してもどうにもならず、僕に電話してきて「あんた仙台に持って行きなさい」と言われて僕のものになりました。


これがキャノンデールのキラーV900

ポリッシュカラーが明るすぎて、ロゴが思いっきりフリンジしてます。

D5000じゃなくてDP1xでもっと絞って撮ればよかった。



さて、Killer V900。
古いなりにカッコイイ。

これはちょっとしたものかもしれないと思って、ロゴを頼りにBikepediaというサイトで調べてみると、たぶん94年式のKiller V900


アメリカの古いMTBのフォーラムを読んでみると、レトロバイクとかビンテージバイクとしてなかなか人気のあるバイクのようです。

フォーラムでみんながCool!と言っているのを見ると、ますますクールに見えてきます。

人間なんてそんなものです。
影響されながら生きていく。

これを通勤仕様にしていくわけですが、古くてもカッコイイものはそのまま残すようにしました。

そんな古くてカッコイイところは次回につづく。


0 件のコメント:

コメントを投稿