2013/05/30

いわきの釣りとカメラ

金曜日にいわきで仕事があったので、仕事も含めてスケジュールは釣りに合わせて組みました。


どうにも調整できない予定はクリニックのオープニングパーティで、それまでにクオリティ魚を釣って仙台に戻るのが目標。

 初日の夜。
まずは癒しのメバル。
飽きない程度に釣れるけれど、寒さを忘れるほどの熱狂はない。
 
ほんと、海風が寒いんですよ。

 あまりに寒いので川へ。
堰の下で案内役の友人がクオリティナマズを2本。
 ルアーはjuicyくんからの貰い物。
バコン!バコン!でしたよ。

 
 僕も釣れたけれど小さいのがスレで。

 明るくなってから鯉とかバスとかを狙って、全然ダメ。

暗くなってから温排水が流れでるところを案内されて、でました。
太いシーバス。
温排水の流れを使ってホットケで泳がせて、少し糸を出し、ホットケ、糸だし・・・何度か繰り返したら出ました。
ルアーはデュエルのストゥープ90。
震災後のいわきでもこれで釣りましたね。
廃盤ですけどいいルアー。

よし。
これで無事に仙台に戻ることができて、上の写真に戻ります。



写真といえば、今回は全てケータイで撮って、あまりにひどい写真で罪悪感がいっぱいです。

最近はS90を持ち歩くことも減りました。
良いカメラなんですけどやっぱりコンデジなんですね。

もうずっと長い間このことで悩んで堂々巡り。

もうちょっとしっかり取りたい、でもポケットに納めておきたい・・・


  APS-Cサイズのセンサー+明るいレンズでボケをいれつつしっかり取りたい。
最近GRが評判ですよね。
 個人的には同じようなスペックのニコンCoolpix Aの方が好み。
 ただ、いかんせん高い。
夜の魚を獲るだけだし、今持っている一眼レフ+単焦点レンズともかぶってしまうことを思うと、ますます高く感じてしまう。
だったらAPS-CのNEX+パンケーキレンズと思うけれど、この16mmレンズが酷いんですよね。
だいたい、なぜスナップが想定されるパンケーキレンズで16mmなんですかね。

センサーサイズを妥協してマイクロフォーサーズに目を向けると、ペンミニも安くなってきていて、このパンケーキレンズは35mm換算で34mm。
ちょっと広角すぎるけれど結構候補にはなる。

そういえばルミックスも安い。
ただパンケーキレンズ(20mmF1.7)が結構いい値段。
キットでついてくるパンケーキレンズはよくない。




 さらにセンサーサイズを妥協すると1インチセンサーのこれだけど、操作性が糞らしいです。
それに暗いところで使うので、1インチセンサーだと妥協し過ぎかもしれない。


 うーん、なんて考えているうちにニッコールの50mmF1.8Gを注文しちゃいました。
 子どもの写真撮ります。

これを釣りに持って歩くのは厳しいなー・・・。

 また堂々巡りです。


0 件のコメント:

コメントを投稿