2012/11/14

頑張れパナソニック!

実家の秋田にいる母親は、車はトヨタ一択、白物家電はパナソニック一択でした。

シャープの巨額の負債が発表されたときは大して気にもならなかったが、そんなわけでパナソニックの場合ははさすがに気になりました。

仙台の我が家にあるパナ製品は15万くらいの冷蔵庫が1台あるだけですが、質はいい。

しかしコレも大きな冷蔵庫が必要になったから仕方なく買ったという色合いが強く、初めてiPhone3Gを買った時のようなワクワク感は皆無でした。

とにかく負債総額7800億は、株をやるものとしては衝撃的だったので、とりあえずサイトに行って今のパナ製品を眺めてみました。

掃除機の買い替えようと思ってますしね。
わくわくするものがあればいいですね。

パナソニックのトップページ。

うーん、ワクワク感ゼロですし、ごちゃごちゃしてて汚い。
東北弁で言うところの「めぐせー」ですよ。

第一、トイレと掃除機とカメラと内装とドライヤーと電池がおんなじページにあっちゃいけないと思うんですけどね。

ページの下部には新着情報がならび、RSSで情報が受け取れるようになっていますが、スマホ→エステ→カーナビ→冷蔵庫→デジタルムービー・・・誰に向かって情報を届けようとしているのか全くわからない状態です。

ちなみに『商品一覧』をクリックするとこんなのです。

一覧できません。

ノートPCではなく、デスクトップの22インチディスプレイを使って、人間の目で識別できるギリギリの文字サイズにしてみると・・・やはり一覧できません。

 そういえばサンヨーを買収して、エネループはどうしたのかな、と思って探し見ましたが、電池から入ると、負け組電池エボルタしか出てきません。


 エネループは消えたのかと思ってググると、検索ページからならたどり着けます。
僕はパナソニックのホームからたどり着けませんでした。

斜め上にはPanasonicの社名が入りながら、エネループはサンヨーブランドです、なんて説明があります。

その辺の大人の事情はわかりませんが、普通に戦略的に考えたら2次電池はエネループだけを残して、エボルタは廃止すべきですよね。
一社から2つのブランドの電池って無駄以外に何があるんでしょうか。

あまりに大きすぎて自己矛盾を解決できない様子が見えます。



こうしたことにもっと早く気づいていれば、自信を持って空売りしてたんですけどね。
チャンスを逃しました。

エコポイント後の空売りは上手く行ったんですけどね。

今思えば、なんで松下ともあろうものが、国際競争力を阻害する補助金に反対しないのか疑問でしたが、もうあのときすでに凝り固まって身動きのとれない封建的会社になってしまっていたんだろうと思います。

あのとき気づいてもっと自信をもって空売りし続ければよかった・・・。

とにかく責任や創造性を持って動ける組織の大きさには限界があると思っているので、やはり電池とトイレが同じパナソニックブランドでは厳しいんじゃないかと。

別のブランド、もっと言えば別法人でもいいくらい。

今の組織の形態からルンバみたいな掃除機は出てこないと思います。

ああ、やっぱりルンバかな~・・・


 おなじみApple。
 いや~、すっきりしています。

ちなみに僕はiPhone3G、4、5と使っていますが、5を買う前に、そろそろアンドロイドもいいかなと思って少し調べてみましたが、こんなのです。

102P
薄さ7.8mm、有機EL、防水・防塵。
3月23日発売・・・

だからどうした!
売る気はあるのか!
悲しい。
もう悲しすぎる。
もっと頑張れ!

これはAmazonのKindle File HDの紹介ページですが、もはや日本メーカーのスマホやタブレットは後発の負け組なので、こういうやり方もありだと思います。
技術力は確かなので、MacBook Airより300gも軽い!とか、iPhone5よりも電池が4時間長持ち、とか。

スマホといえば、パナソニックのエアコンは節電状況がスマホで見れるらしいです・・・もはや正気の沙汰とは思えないです。

なんでこんな企画が通ってしまうんでしょうか。

本当にほしい物なんでしょうか。

スマホで炊飯器のスイッチが押せて、うちに帰ったらあったかご飯、というのは悪くありません。

しかし本当にほしい物というなら、内釜は自動で洗浄、米は米びつから自動で供給されて、米は自動で洗ってくれる。
百歩譲って無洗米を使うにしても、そこまではやってもらいたいです。
それこそ欲しい商品です。
それが普及したら、米を無洗米にする機械が一般化したり、おたくのお米を無洗米にするサービスが流行ったりといった、無洗米ビジネスという新しい産業がうまれます。

洗濯機も、斜めでも横でも縦でも、どっちでもいいことをさぞ画期的といってるようでは、3Dテレビの二の舞です。

なにが本当に欲しいのか。

僕はいつも言ってますが、畳んでくれるか、自動でハンガーにかけてくれるか、とにかく放っておいても皺にならないようにして、そこから一枚抜いて着る、というような、衣服の総合完結的クリーニングシステムを作って欲しいです。

そういうのは本当に技術が要るようなきがするので、その前に潰れてもらっては困るのです。
実家の母も悲しみます。

パナソニック頑張れ!!



0 件のコメント:

コメントを投稿