2012/10/14

軽量Ubuntuのその後

先日EeePC901にBodhi LynucsというOS(Ubuntuディストリビューション)を入れたわけですが、かなりいいですね。

ところどころでアニメーションが動いているくせに、プチフリの代名詞的901で、ひっかかることなく動き続けています。

ちなみにiTunesも投資用のアプリもLightroomも動かないUbuntuは、僕にとってあくまで901でネットをするためのサブOSにしかなりえません。




あまりにもデスクトップがダサかったので、上のものを落としてきました。
1024 600 でグーグルの画像検索をするとザクザク出てきます。

それからOS標準のブラウザMidoriは、アドビのフラッシュのサポートが終わっちまっていたので、Chromiumを入れました。
youtubeとか全然見れないのも寂しいですから。
そしてなんかどうしてかChromiumのほうが動き軽いかも。

それからそれから、画像のビューアーがなかったので、軽量ビューワーのGpicviewをインストール。
これはWindowsの標準ビューワーみたいな感じ。

いずれもパッケージマネージャーからインストール。

僕はコマンドがまったくわかりませんから。

パッケージマネージャーのメニュー→編集→パッケージマネージャーの情報の再読み込み、みたいなところをクリックするといろいろでてきますので、GpicviewとFlashとChromiumを入れればかなり快適なネットブックライフが過ごせるでしょう。

あとは、タスクバーを上に持っていき、自動で隠れる設定にするのがおすすめです。
どうしてかというと、ネットブックは上下に狭いので、ウインドウの上のバー部分がもったいないから、そこにタスクバーをかぶせるわけです。
われながら合理的だな〜。

いろいろスクリーンショットをとったのですが、なぜか保存されてなかったので文章だけでわかりにくいかもしれませんが、とにかくネットブックを寝かせている人にBodhiはお勧めですよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿