2012/09/01

やっぱり一眼、やっぱり静止画



3ヶ月半
Nikon D5000
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

うちの子、このブログに初登場ですかね。

さかのぼってみたら、5月10日以来の一眼レフの写真です。
撮ってはいるのですが、ファンがブンブン回るデスクトップでの現像が暑苦しくて。

久しぶりに現像すると、やっぱり一眼はいいですね。
そしてやっぱり写真(静止画)はいい。

だって普段はこんな顔なんですよ。

自分に芸術を楽しむセンスが全然ない、って割り切るなら、子供の成長をケータイ動画でとって、あとでみんなでワイワイ見て楽しむというやり方も、全然否定しません。
そういうの楽しいですもんね。

しかし、横顔にハッとする瞬間を感じたり、夕日に感動したり、映画を見ていてある一場面が強烈に印象に残っていたりとか、そういう経験をしたことがあるなら一眼レフ(+単焦点レンズ)はおすすめです。


 試しに美しい夕日を動画で撮ってみてください。
家に帰ってPCで見ると、それは圧倒的に退屈なはずです。

同じ夕日を写真でとったほうが、感動が大きいと思います。

NHKの深夜に、クラシックミュージックに乗せて、素晴らしい景観を流し続ける番組がありますが、あれも景観の美しさの割に退屈です。

ストーリーがない美しい動画は退屈なのです。

 Edward Hopper, Nighthawks, 1947

 
Edward Hopper, Summer Evening, 1947

いや、別に意味は無いんですけどね。
ホッパーの画が好きなんですよ。
これもずっと見ていられます。

動画もいいですよ。
例えば結婚式でよく流れる動画とかいいじゃないですか。
あそこまでストーリーを作って編集すれば感動できます。
それを日常的に作ることはこんなんですよね。
センスもいるし素材を集めるのも大変だし。

写真はもっと手軽に、そして実力がなくても、時に偶然的にいいものがあったりして、その辺も魅力ですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿