2012/06/18

北欧のシンキングWスイッシャー

 ラパラCD9を改造して作ったシンキングのWスイッシャー。

5年くらい前、5cmクラスのスローシンキングのWスイッシャーを作って、コバスが永遠に釣れ続いたことがあって、あの栄光よ再び、という意気込みです。

カスミでデカアメキャを捕るのでございます。

 さて、ラパラでスイッシャーをつくるためには、ワイヤーのアイをヒートンに変えないといけません。

テールアイは簡単です。

O状態の閉じたワイヤーを、Cになるようにカット。
C状態で開いたワイヤーの、下の方をペンチでグリグリ引っこ抜くと、きれいに抜けます。
そこにヒートンをねじ込み、瞬間接着剤を流しこむ。
乾いてからヒートンを再びネジ抜いて、カップワッシャーやペラとともにヒートンを入れて終了。

 ラインアイの方は、イマイチ中の構造がわからなくて力技になってしまいました。

テールと同様にC状態にカット。
Cの下のワイヤーを、ペンチで下方向に引っ張ります。
そうすると、ワイヤーが抜けず、ボディの顎の部分が裂けて、ワイヤーがはみ出てきます。
はみ出た部分をカットし、そこにヒートンをネジ入れます。
裂けた顎の部分にティッシュを詰めて、瞬間接着剤を染み込ませて固定。

乾いたらペラとかをリグって終了。

最近はここにブレードを組むのがマイブーム。

なかなか小さいブレードが売ってないんですよね。
ネットで探したら結構安く売ってたので、まとめ買いする予定です。
1枚10円だったかな。

シンキングのWスイッシャーは、僕の経験では比重が釣果を左右します。
このCDは、ちょっと重いかなという感じ。

でもラパラの魔力を信じて投げてみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿