2012/06/20

シャウラにマイクロガイド

もう2度と出てこないのかな、こんな金属リールシート。
特別に感度がいいとは思わないけど、握っているだけで幸せ。
男はホームセンターに行くと、使いもしない工具を買いたくなりますよね。
そんな感じの幸せです。

そんな愛してやまないシャウラのゴーテン。
シングルハンドでピーナッツを投げたり、7gのジグを落としたり、その辺が一番気持ちのいいクラスですが、トップウォーターなら1オンスくらいまでいける。

2本あるうちの1本をマイクロガイドにしてみました。
これもスパイラルセッティングです。

スレッドは相変わらず瞬間接着剤で止めてるだけ。
美しさはどうでもいいけれど、スレッドをできるだけ短く巻くのはちょっとしたこだわり。

 上がマイクロガイド。
下がオリジナル。
マイクロは1個多くつけてる分、間隔が狭いです。
 一番手元のガイドはリールにちょっとだけ近くしてみました。

ラインと通して曲げた感じは、ガイドが増えたのに意外にもマイルド。

マイルドというか、ゴリッとした感じがなくて、しなやかでスムーズに曲がります。

ガイドが増えたからでしょうか。
スパイラルだからでしょうか。
ステンレスだからでしょうか。
ラインがブランクスの近くを通ってるからでしょうか。

とにかく早くルアーを投げてみたい。

今回は1個180円の安いステンレス製ですが、チタンの通常口径よりも明らかに穂先のほうが軽く感じます。
あ、ちなみにトップガイドはマイクロを手に入れてないので通常口径のままです。
1個増えても、ステンレスでも、これだけ軽く感じますからね。

そんな特性を考慮すると、やっぱりパンチングとかフリッピングロッドに、マイクロのスパイラルは相性のいいセッティングだと思うんですよね。
穂先を上げる、ルアーが重い、ロッドがぶれない。
そういうロッドに。

グラスのクランキンロッドなんかは、投げた後ロッドがぶれて、ラインとマイクロガイドとの抵抗が増えるので相性悪そうです。



じゃあシャウラゴーテンとの相性はどうなんだ、と言われると、まあ自己満足ですw
曲げると気持ちいいですし、空気抵抗も少なそうですし。
早く釣ってみたい

0 件のコメント:

コメントを投稿