2012/05/28

フォトプリントサービス、どんどんプリントを使ってみた

人から頼まれるか、人に見せつけるときくらいしかプリントアウトしませんが、今回は前者。

安いのでいいやということで、価格コムのフォトプリントサービス比較ページで比較しました 。

25枚をはがきサイズで、という注文だったのでその通りに比較したら、どんどんプリントが345円で最安ですね。

 今どき珍しい質素なHP(笑)
クリーニング屋のHPに飛ばされたかと思いましたよ。
写真ってセンスが重要なジャンルだよね、と思いましたが、プリントアウトに限ればやることをきちんとやることが重要なので、一抹の不安をおぼえながらもはがきサイズで25枚注文。

送料を加えて345円、1枚12円弱。
安いですよね。

と思っていたのですが、その後、価格コムで枚数を50枚にして比較したら、なんとデジフォト便で50枚だと300円になるじゃないですか!!!

25枚より50枚のほうが安いという料金体系。
何が起こっているのか僕の頭では理解できません。

 さて、注文から2日後に、コレまた質素な包装で届きました。
ゴミになることを考えるとこれくらいが嬉しいですね。


画質はちょっとコントラスト強め、派手めかな~という印象だけど、お前がそういうレタッチをしているからじゃないかと指摘されればその通りかもしれない。

この値段でこの画質なら文句無いです。
少なくとも我が家の1万円程度のプリンタに比べれば遥かにキレイですね。

バックライトのあるディスプレイと紙では違うのは当たり前ですから、自分のディスプレイでの見え方と、プリントサービスでの見え方の違いを考慮して、きちんと調整してから送れば問題ないでしょう。
だから1回目のプリントは、その違いを知るための勉強代だと思ってます。

あと、写真の劣化についてですが、デジタルデータがあるので別にそんなに長持ちしなくてもいいかなと思ってます。
紙の写真の管理に気を使うよりも、デジタルデータの管理に気を使ったほうが合理的ですね。


今はどうなのかわかりませんが、10年ちょっと前に豪州に住んでいた時は、はがきサイズが現像の標準サイズでした。
向こうのバケーションは期間が長いので、旅先の写真屋で現像して、切手を貼って送る、という素敵な習慣が成り立つのです。

FacebookもTwitterもない時代の他愛のない話です。

0 件のコメント:

コメントを投稿