2012/05/03

ナマズをしこたま釣った

今日は長いですよwww

最近たびたび書いてますが、今年は仙台でナマズがいっぱい釣れることを目標にしているんですね。

 前回のスモール釣行でナマズがいそうな水路を見つけていたので、今回はスモールには目もくれずにナマズだけ狙います。

ここは仙台ではありません、ちなみに。

ほんとは夜中からやりたかったのですが、暗いと怖いので朝4時スタートです。
水門→プール→流れ出してストリームという感じのポイント。
プールとストリームの岸際をダウンストリームでゆっくり引いて、出ました、小なまず。


スカイルアーズのダブルスイッシャー。
バルサ製でチリチリ音が可愛くて、細身でノリがいいのです。

が、このあと岸際を流しても反応は薄い。

そのあとスピナベとかクランクとかワームとかいろいろ試したけれど、相変わらず反応は薄くて、だんだん明るくなってきちゃって、もうダメかも。

岸際を諦めて、プールになっているところをワンダーで遠投すると、ガツンと来ました。
手前の流れのあるところよりも、堆積物でシャローになっている奥のほうが良かったみたい。


奥を狙いだしてからアタリが猛烈に増えました。
が、ほんとにこいつらノリませんね。

スピナベ、バイブレーション、ヘビージグヘッド・・・ノリません。
手持ちの細身のミノーはまあまあ乗るのですが、一番いい所までは届きません。
クランクは全くダメ。

ベイトはノリのいいグラスロッドですが、実感できるほどではない。

結局ワンダーが一番アタリがおおく、ノリもいいみたい。

グラスのベイトロッドでは距離が不十分なので、Mクラスのベイトロッドを改造して作った硬いスピニング(後ほど紹介します)に、PE1号、ワンダー9cmという組み合わせでフルキャストします。

地形がわかってそこスレスレを引けるようになると、バイトが増え、フッキングのコツも掴んでくると、3キャストで1尾くらいで釣れるようになりました。

で、突然クライマックスがやってきます。

遠くでバイトがあって、PEを活かしてシャープにフッキングすると、急に青物みたいに走り出します。ちょっとびっくりしたのですが、このスピード感はスモールの引き!

居ても不思議ではないポイントなのです。

そして遠くでジャンプ!

ドラグが一気に出ます。
スモールの40upは釣ったことがあるのですが、それよりも明らかにデカイ!

ちょっとドラグを締めて強引に寄せようとしたのですが、50mくらい遠くでかけたので、弧を描くように横方向へはけっこう自由に泳がれちゃいます。
そのまま水門の中へ・・・

僕からは影になっていて、コンクリの壁でラインが折れるような位置関係に。
急いでベールを起こしてフリーにしました。

そのままどうしようか考えていると、こいつはアホなのかすぐに水門から出てきて、さらに僕のところに近づいてきます。

そこで一気に勝負をつけようとラインを張ると、またラインが擦れる音が。
透明度10cmのマッディで見えなかったのですが、何か障害物が沈んでいたみたい。
ベールを起こす間もなく、一気に走られてラインブレイク。

推定45のスモールと、ヒットルアーを失ってしばし呆然とします。

さて、呆然が終わって、どうしましょうか。

ワンダーがない。

ミノーのテールにガン玉をつけたて距離を稼いだり、ジグヘッドに孫バリをつけたりしましたが、やはり全然だめ。

とにかく距離が欲しいところだったので、ローリングベイトを投げると、なんとか釣れました。



70鯉も。
いわきでもそうでしたが、意外としっかり食うんですよね。
こいつも水門に入って、取り込むまで10分くらいかかりました。
腕パンパンですよ。

ローリングベイトは、距離は十分ですがゆっくり引けないのでアタリは少ない。
どうしたものか。

この釣りでよかったワンダーの特徴をまとめると

①深いところをゆっくりトレースできる
②その際、尻下がりの姿勢で泳ぐ
③よく飛ぶ

ツイッターで情報を貰ったのですが、ストレート系のワームを底を切って使ったら良かったというのも、この特徴と似てますよね。
 
それで僕がひねり出したのはコレ。

ローリングベイトを逆さに結んで、ダブルフックをラインでベリーアイに結ぶ。
ほんとはシングルがよさそうですが、これしか持ってきてなかったので。
最終的にはもう少しラインは短くなりました。

これは、メタルジグをゆっくり引いた時のように、立ち姿勢気味で揺れるようなアクションをします。
また、浮き上がり易いためにゆっくり引いてもボトムに潜り込みません。
そしてさらによく飛びます。

トレブルフックを普通につけるとアクションが安定しないのですが、こうしてラインで結ぶと比較的大きくゆっくりと揺れます。
また、フッキング率も格段に上がりました。

バイトの数もワンダーと変わらないくらいで、 これはこれでひとつのルアーのジャンルとして詰めていっても面白い気がします。


このあと暫くすると別の釣り人が来ました。
けっこう人が来るポイントみたいですね。
この人がシーバスロッドでヘビースプーンあたりを大遠投したらどうしようかと思いましたが、 普通にベイトタックルでラバージグを投げていたのでホッとしましたよw
しばらくこのポイントは楽しめそうです。



4 件のコメント:

  1. 男前な釣りをされてますね〜(笑)
    僕もこういう釣りをしてみたいですよ。
    巨大なコイも楽しそう〜

    返信削除
  2. オペラさんこんにちわ。

    右手が疲れて震えるんですよw
    僕もこういう釣りを求めてグーグルマップで探しまわってようやく見つけました。
    いわきの友人の所と、今回の宮城県南をはしごすれば、楽しい釣りになると思うので、東北旅行の際は声かけてください!

    返信削除
  3. ミスタートールマン2012/05/04 18:20:00

    画像さえないですが、話を読んでてドキドキしましたよ。暗闇の中でのファイト!! 魚釣りは永遠ですね。 ところでシェリルさんのお気に入りのペンシルバップ探したら古いタックルボックスに入ってたので、まとめて送りますね。 バドのボディーも梱包するだけです。

    返信削除
  4. えええ~!!!
    ペンシルバップあるんですか!?
    ありがとうございます!
    あれほど探してなかったのに、あるとこにはあるというか(笑)

    僕のはボディのヒビが広がってきて使用がためらわれる状態なので助かります。

    このポイントは水門に逃げたくなるような地形なのか、引きが強いヤツはみんなそっちに泳いで行きました。
    面白かったですよ。
    また近いうちに行こうと思います。
    今度は深夜に。

    返信削除