2012/03/04

スピニングロッド考案中

ずっと前から欲しいスピニングがあるんですよ。

1g〜28gくらいまでキャストできて、6.6〜7フィートくらい。
フトコロが深い、むちっとした感じのスピニング。

軽くなくてもいいけど、トゥイッチできるくらいで。

ハードベイト中心だけど、ちょっとしたワーム釣りもできる。
2ピース。

そんな夢のような超バーサタイルな何でもロッド。

最近は無性にスピニングでナマズが釣りたくて、それでますますそんなロッドが欲しいんですよ。

それでいろいろなスピニングを触ってみますが、予想通り存在しないんですよね。



でもバスプロショップすのクランキンスティックを買って使ってみると、これはグラスのベイトロッドですが、なんとなく僕が欲しいスピニングのヒントになる要素が分かってきました。

このロッドはグラスをベースにして、バットはIM6グラファイトで補強しています。
4g程度のチビクランクから、1オンスを余裕で超えるハイフィンのジョイントクローラーまでなんとかいけます。

曲げた時のカーブはこんな感じ。
いかにもメリケンクランキンロッドって感じがするでしょ。
乗りも当然良い。

世の中にある食いがいいとされるスピニングはAのようなイメージ。
高弾性カーボンで、バットはそれほど太くなく、ティップは極体に細い。
いわゆるティップで食わせる感じ。

そして僕がほしいスピニングは、たぶんBのイメージ。
ティップからベリーまでゆったりと乗る感じ。
そしてバットが異様に太い。

クランキンスティックはグラスなのでワームは厳しいですが、同じイメージで低弾性カーボンを使えば欲しいものができる気がします。

というわけで中古屋で物色していいのがあったら制作に入ります。


0 件のコメント:

コメントを投稿