2012/02/05

氷の隙間でマス釣り

 来週は東京からゲスト2人が来るということで、視察を兼ねてグリーンパーク不忘に行ってきした。
1月半ばに行ったときは、−10度で2つある池の一つが全面凍結。
日本列島を覆う強烈な寒気であれからさらに寒くなっているので、今回も厳しいだろうな〜と思いながら、でもわくわく。
珍しく一眼レフ+レンズ2本も持って行きましたよ。


軽くスリップしながら山道を上り・・・早くつきすぎました。

受付に行く前に池の様子を見ます。
この時点で上の池はやはり全面凍結。
下の池は半分凍結。
凍結プラス雪が溶けずに水に浮かんでいる感じ。
とにかくキャストできる面積は半分ほど。


 とりあえず小屋の中に入って時間を潰します。



いい雰囲気でしょ。
広角レンズでコントラスト強めで撮ってみました。


炭の上にアミが合って、ここで濡れたものを乾かすようになってるんですね。

それにしてもニッコールの35mmF1.8Gは安いのによく写りますね。
これを書いているPCは解像度の低いネットブックなので綺麗さはあまり実感できないですけど。

僕は自宅では21.5インチのフルハイビジョンディスプレイを使っていますが、写真を楽しむのであればそれくらいのディスプレイがあった方がいいと思います。
価格も1万円ちょっとですしね。
費用対効果は高いですよ。




 さて釣りの方ですが、下の池は前回同様ユンボでかき混ぜたりして全面で釣りができるようになりました。
しかし降ってくる雪が水面で溶けずに残るので、次第にキャストできるところがなくなってきます。
 
おそらく水面は氷点下、そこ付近で1〜2度かなと思います。

1月に行った時も、反応は渡哲也レベルの渋さでしたが、今回はさらに渋さを増し大滝秀治レベル。
釣果は半日で驚きの6尾(涙)
去年の今頃なら50本は固かったんですよ。




友人が釣った60UPのロックトラウト。

4gの傾向イエローのスプーンで底をズルズルやってたら重くなったそうです。
たぶんこの日4gを投げたのは彼だけじゃないですかね。

「寒いせいか重いだけであんまり暴れないんですよ」
ということだそうです。

この魚、目が怒ってます。
怒ったところでキープという運命は変わりませんよ。
友人もやっぱり6〜8本くらいだったと思います。



僕が釣ったレインボー。
40くらいの食べごろサイズ。
ちょっとアーティスティックなテイストで撮影。

釣り上げると黄色いイクラがポロポロこぼれてきたのでキープ決定。
このように雪まみれでシメて、魚をおいたまま持ち帰り用のビニール袋をとりにいくと...



…食われました。

まさかの展開。

うちに帰ったらイクラの醤油漬けを作って、海苔と葉わさびとしそのみじん切りを混ぜてご飯の上にのせて食べるところまでイメージしていたのに…





さてさて、来週の週末はどうしましょうかというところです。
土曜日に釣りをして、日曜日に陶芸をするという予定ですが。

寒さはピークを超えた感じもしますが、来週も水曜日くらいからまた寒くなりますしね。
雪の中の釣りという醍醐味は味わえます。
しかし釣果と寒さはあまりに厳しい。
うーん。
仙台の天気予報を見ると、最高気温がマイナスにならないだけマシになるのかなという気もします。
やるだけやってみますか!

2 件のコメント:

  1. なかなかの渋さですねw

    おそらく僕の釣り人生でもっとも寒い釣行となるでしょう(^_^;)

    お犬様、まだ欲しそうな顔してますね

    次は僕が釣って差し上げましょう♪

    返信削除
  2. 今日雪じゃなくて雨が降ったので、少しずつ確実に暖かくなってます!

    カップラーメンは忘れずに持ってきてくださいね〜。

    あと、暖かくなったらまたアメキャ行きましょう。
    今度はデカイのだけ狙いたいです。

    返信削除