2011/07/13

管釣り、フラットサイドミノー


久しぶりに管釣りに行くのでルアーを作りました。
といっても30分くらいでできる簡単なものですけど。

フラットサイドミノーです。

フラットサイド、というからには、思いっきり平べったくしたいですよね。



だからこんなにうすうす。




シンキング使用。

バルサに板オモリのウエイトなので、ボトムでしっかり立ちます。
立つっていうか、えーっと、水平姿勢をボトムで保ちます、と思います。(追記:浮きましたwフローティングです)

形状の他には、腹の方までアルミを張っているのが特徴ですかね。

昔ダイワのシルバークリークミノーというトラウトミノーがあって、腹にパールが吹いてなかったんですよね。
吹き忘れたのか、手抜きなのか、何か狙いがあったのかわかりませんが。
よく釣れたので真似しました。

僕のイメージでは、ロッドを立てながら、フワッ、フワッ、フワッ、って感じで小さく柔らかくあおれば、キラッ、キラッ、キラッ、で爆釣するはずなんですけど、上手くいくかな。

2 件のコメント:

  1. 薄い感じがいいですね。
    シルエットがスプーンっぽくもある感じでいかにも釣れそうです!
    バルサってこれでもかってウェイト入れても浮いたりするから驚きますよね(笑)
    釣果報告記事、楽しみにしてますよ〜

    返信削除
  2. 僕は10年もバルサで作っているので、スローシンキングだと思って浮いたときは、一人で恥ずかしくなりましたよ(笑)

    え!?ハハハ・・・みたいな。

    トレブルフックでは沈んだので、シングルフックはまだ慣れていないとだけ言い訳しときます。

    返信削除