2011/06/27

S90、ロシアンファームCHDKに手を出した。


キャノンのカメラの多くは、ロシアンファームCHDKでいろいろ拡張できるらしいということで、やってみました。
壊れたら困るなーと思ってたけれど、S90も中古で15000円くらいまで下がってきたので決心できましたよ。
第一その辺の中古S90のほうが、ぼくのS90よりも絶対キレイですしね。


ここを参考にして導入しました。

シンプルな説明で分かりやすい解説でした。
ありがとうございます。

ちなみに僕のS90のファームウェアは一番古い1.00でした。


SDカードをカメラに入れてからのメニュー画面の出し方にちょっと手間取ったけど。

カメラ背面の「S」っ書いてあるプリンタ転送ボタンを押すと、と画面に表示され、その状態でMENUボタンを押すと・・・


こんな画面。
ウギャー、訳わかんないw

いっぱいあるけど、試したいのは今のところ2つだけ。

まずAUTOモードでのRAW撮影。
S90はAUTOの場合jpegのみなのだ。

で、やってみるとRAWとjpegが同時保存されているせいか、書き込みが遅い。
そしてPCで開いてみると拡張子が.CRWというやつでした。

この拡張子、CanonDPPやLightroomでは当然扱えない。
前に一度扱ったことがあるのですが、これを現像するフリーソフトではあまり美しく仕上がらないんですよね。
それならjpegで普通に撮ったほうがいいんじゃないかな、ということで諦めます。

明日はインターバル撮影に挑戦してみます。

2 件のコメント:

  1. カメラのレスありがとうございました。参考にさせていただきます。選んでるときも楽しい!
    霞のイベント大成功ですね!
    次は参加させていただきます!お願いします!

    返信削除
  2. カメラはこれからまた新作の時期で、フォーサーズ→フルサイズの流れで面白そうなものが出てきます。
    APS-Cサイズはちょっと落ち着いていて、その分割安感ありますよ。
    今度立ち上げる会社でカメラのイベントもやろうと思ってるので、ぜひそっちも見ていってくださいね。

    ところでハクレンからの連続爆釣記事スゴイですね!
    時間ができたら必ずタイ行きます!

    返信削除