2011/04/14

エッグフライを作るのだ

バスをトップで釣ると、「バコン!!」って音がして、そりゃもう心臓ドキドキで、とくに夜釣りで足元だと死ぬかと思いますね。
その点、マスは「ちゅ」って食うだけだから、個人的にはトップに特別なコダワリはないです。
むしろ、ボトムのアタリを拾うほうが好みです。

動かし続けるスプーンは日によって当たりカラーが変わるけど、ボトムの、とくにステイのスプーンはいつでもピンクが一番強い気がします。

友人がキープしたマスの腹を開くとイクラが入っていたそうです。
管釣りのマスも隣のマスのイクラを食ってるんだと始めて知りました。
世代を超えた共食いですね。

エッグフライの正しい作り方は、まあどこかにあるんでしょうけれど、僕はコレで作ることにします。



210円で死ぬほど作れますね。

大きいのと小さいの。
どっちもシンキングにして、ちょうどイクラが沈むくらいの比重にしたいですね。

2 件のコメント:

  1. 死ぬほど作れるという表現に大爆笑しました。
    アイデアマンですね〜
    僕も最近はフライをやっていないので
    フライを再開しようかな。
    バカフライはまだまだ初心者なので
    シェリルさんを見習います。
    あ、シェリルささんをバカにしてるわけじゃないですよ(笑)

    返信削除
  2. 合計10個ほど作りましたけど、まったく材料が減った気がしません(笑)
    こういう材料って、いつか使うと思いながらどんどんごみになって引き出しを埋め尽くしていきます。

    僕なんて基礎を飛ばしていきなりバカフライですからね。
    システムもリーダーなしだったり、かなり手抜きですけど管釣りでは逆に効率的かなーと思ってます。
    50尾くらいかるく行きますからね。
    フィールドに合わせるとこうなるという形ですね。

    返信削除