2011/01/20

DP1のストラップを作った。




DP1。

特上のレンズとセンサーに対して、あまりに使い勝手の悪い機能に愕然。
まあその辺は理解して、ゆっくり使ってます。

ゆっくり使っていると、なんだかデコレーションしたくなってくる。

というわけで、まずしょぼすぎるベルトを交換。

100均でベルトを買ってきて、さあ作ろうかなと思っていると彼女が「私に作らせて」と。
行程は簡単なので「いいよ」と。

10分後。

色の組み合わせはいいので、パッと見はけっこういい。
でもベルトの切断面が、汚い・・・。
雑だ。

「曲がってるな」
「え、曲がってないよー」
「ほら、ここ」
「まっすぐに見える」

モノを上手く作れるかどうかは、手が器用かどうかという前に、目がいいかどうか、細かいところが気になるかどうかが重要だと感じたわけでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿