2010/09/30

ビッグバドが届きました



ようすけさんから修理依頼されたビッグバドが届きました。
もともとバドにはあんまり興味がなかったので詳しくないですが頑張ります。
雑誌でイマカツチューンを見てマネチューンしましたが、ほとんど投げることなく今どこにあるんでしょうか。

ボーンのバドは初めて実物を手にしました。
自分が持っているボーンのロングAに比べて、素材が柔らかいというかネッチリした感じがしますが気のせいですかね。
ロングAはラトルが入っているから、その甲高い音で硬質な感じがするだけでしょうか。

この2つのバド、とくに壊れている感じはしないけど水漏れするんでしょうか。
とりあえずさっそくヒートンを抜きました。
この接着剤を削るところからですね。
ぶつけても浸水しないように頑張ります。
ちょっと待っててくださいね。

5 件のコメント:

  1. 基本そんなにブツけないほうだと思いますが、魚が掛かるたびに緩むので使わなくなりました(笑)。多少動き悪くなってもいいんで、ガッチリ接着いただけるとうれしいです。

    あ、いつか修理いただいたロングAはよく動きましたよ。浮上のフラフラも残ってました。アマゾンで釣ります、いつか(笑)

    返信削除
  2. 緩みですか。
    スイベルを付けない場合、ブレードの先端が力点になって、ヒートンが支点と作用点になるので、テコの原理でどうしても簡単にヒートンが回転して緩みになるんだと思います。

    ガッチリ行くか緩んでも水漏れしないで行くか、悩んでみます。

    返信削除
  3. そんなお悩みの方に。

    SUだと割れるし、瞬間でもポロポロそんなバドへヴィユーザ
    の方にプラモデルのランナーもしくはフロッグのあまった皮
    をとかして流し込めばほら完璧。
    そんなのが面倒だー、という方はアクセルのポイントコート
    超オススメなり。

    以上、僕にもシェリルさんスショートグリップピニング作ってください。超ジグザグシェイクのジグヘッドワッキー 未だに至難の業です。

    返信削除
  4. あ、超兄貴さんはじめまして。
    サムソンのまさかようすけさんがサムソンで頭からビームが
    でるなんてこれっぽっちも思ってませんでした。

    返信削除
  5. そう、SUは脆いですよね。
    イマイチ使い道がわからない接着剤です。
    今回は「ガッチリ固定」なのでヒートンは使いません。
    ホントにガッチリいきます。

    僕のスピニングはカバーの多いハチローの水路用に作った特殊なやつなのであまりすすめられません(笑)
    友人に貸しても「これなら巻かれてもいいから普通のスピニングにする」といわれるロッドです。
    ベイトロッドを改造したもので、かつティップを少し詰めて、さらにPEですので、1gのジグヘッドワッキーにはあそびが少なすぎて逆に難しいです。
    グリップも肘近くまでくるんでけっこう長いです。
    でも、これらのセッティングは掛けてからがラクなんですよ。

    返信削除