2010/04/19

サーモスと象印マホービン



THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L チョコ JMY-500 CHO


ZOJIRUSHI ステンレスマグ タフ SM-DA50-AX クリアブルー

どっちも似たような性能で、良いライバルですね。

釣りに水筒持って行きますか?

もともとサーモスのワンタッチオープンのこれを買っていまして、ヨは満足じゃ、とみんなに自慢していました。

ここにきて、ホットもコールドも両方飲みたいということで、象印のワンタッチオープンタイプを買いました。
職場に2本持っていくと
「口に入るものはいつも充実してるよね」
と言われました。
そうだと思います。

そう、象印、これも、大変満足じゃ。
モレない、抜群の保温性、ワンタッチオープン。
これはサーモスといい勝負です。
値段もほぼ一緒。

しかし、細かいところでサーモスが一歩リードかな。

サーモスの方が優れている点。
1、中身がスムーズに出る。
 サーモスはダババババババ・・・・と出ます。
 象印はトポポポポポポ・・・・。
 ホットドリンクならどちらでもいいけれど、冷たいものを一気に飲みたいとき、象印は物足りない。

2、キャップの構造がシンプル。
 どちらも漏れない、ワンタッチ。
 ならばシンプルな方が優れている。

3、スリム。
 ちょっとだけスリム。
 この「ちょっと」がインポータントだということが最近わかりました。
 プリウスのドリンクホルダーに立てたとき、サーモスは絶妙。
 一方象印はピッタリ。
 ピッタリ過ぎて取れない・・・。
 フェルールみたいだ(←釣り人しか理解できないぞ)

amazonでの価格はサーモスの方が400円高い(2680円)けれど、やっぱりサーモスかなー。

0 件のコメント:

コメントを投稿