2010/03/08

オーストラリアの写真 オリンパスμⅡ

私の母親は、カメラバッグと三脚を担いで山を登るおばちゃんです。
危険な山を登るときは、私に株式や先物の証券口座情報を残していきます。
「もし死んだら、これ、どうにかしてちょうだい」と(苦笑)

アホか、と思っていたけれど、最近はなんとなくその面白さもわかるようになってきました。

そういえばオーストラリアでもいっぱい写真を撮ってきたなと思い出しまして、探したら出てきました。
7割は人の写真。
飲み屋とか。
恥ずかしい。
せっかくのオーストラリアなのに今と変わってない(笑)

オリンパスのμというんですか。
メルボルンで買って、でも日本に帰ってからは一度も使っていません。


風景の写真ももちろんあります。
意外と考えて取っているじゃないかと我ながら感心するのでした。
フィルムのパケに「100」とか「400」とかあるのですが、なんの数字か疑問に思いながら買ってました(笑)

いくつかスキャナで取り込みました。





夜とか夕暮れの写真が多くて、なんでかなー?
たぶん、余計なものが映らないっていうのが好きなんでしょうね。

それにしても、いつだってオーストラリアはこういう空ばかりでした。
だから日本でこの手の写真を無理して撮るのは、ジャパニーズがNBAとかNFLに挑戦するみたいなもの。
というわけで、海外の人が羨ましいと思える日本の絵を撮りたいと思うのでした。

2 件のコメント:

  1. あーりー2010/03/09 0:25:00

    釣り用デジカメはミュー愛用です。
    とりあえず防水性が高いということで。

    フジフィルムと共同開発したコンパクトフラッシュが全くウケなくて、ついにSDカードに乗り換えてしまったみたいですね。

    返信削除
  2. うちのμは単焦点の銀塩カメラなんですけど、調べてみたらこれも生活防水でした。
    ならば釣り用に、と一瞬思いましたが、いまさら銀塩は無理です(笑)

    フジといえばようすけさんでしょう。
    コンパクトフラッシュ、どうなんでしょうね。
    一度買ってさえしまえば、ほとんどデジカメ本体から出すことが無いので、メディアはなんでもいいようなきもします。
    人気がなければ値段が下がらないかと思ったら、4Gで1400円でしたし。
    あとは速度次第かなー。

    返信削除