2010/02/28

大きなリップ

ラジオペンチが見つかって、フラットサイドクランクの制作を再開しました。

で、こんな感じで、かなり大きめのリップをつけました。
普段ならどんな泳ぎをするか想像しながら作ります。。
しかし、これだけリップが大きくなると、まず真っ直ぐ泳いでくれるかどうかが心配。
ちょっとしたバランスで左右どちらかに曲がっていってしまいます。

ちょうどあれですよ、バットを立てて、そこに額をつけて回るヤツ。
あんな感じ。



2つ作って小さい方がシンキングになる、予定。
シンキングというよりもカウントダウンと言った方がカッコいい。



シェリルフラットF




シェリルフラットCD

いつの間にかシェリルクランクとかシェリルフラットとか、そういう名前になってきました(笑)

2 件のコメント:

  1. フラットサイドカウントダウン、新しいジャンルですね!
    フォール時にもバイト誘えたりして、面白そうですね。

    本格的にディープクランキングタックルを揃えないといけません。
    ウィードが多い琵琶湖はグラスロッドは使いにくいので、7フィート前後のパリっとしつつもよく曲がるロッドってところでしょうか。
    新しく出るスコーピオンXT1703Rは狙いかな?でもバスロッドは出来れば6フィート半までに抑えたいんですよね。。

    返信削除
  2. >>グラスロッドは使いにくい
    そうなのかー・・・
    ダイワのUSトレイルのグラスをタックルベリーで触って、「もし琵琶湖にいくならこんな感じかな」なんて妄想してました。

    カーボンなら10年前のロッドですけどルーミスのクランキングロッドも渋いかなーとか。

    といいつつ、シマノのカーボンはホントすごいですよね。
    しかもXTは2万円くらいで買えるとか。
    7フィートならワールドシャウラみたいに2ピースがいいなー、と希望。

    あと、ファイナルディメンションも一部のモデルが生産中止になるとか。
    まだまだ進化するのかーと感心してます。

    返信削除