2016/11/21

2年ぶりに格安シムを調べた。DTIとかfreetelシムとか


 うちのコレがアレでこうなりまして、ガラケーからスマホにすることになりました。

旦那の僕がiPhone3Gの発売日にスマホデビューしたのに対し、妻がガラケーというのもけっこうなコントラストです。

折りたたみケータイの軽さ、電池持ちのよさ、物理キーの入力のしやすさからガラケーを使い続けていましたが、周りのママ友はみんなLINE。

幼稚園の保護者会の連絡もメインはLINE。
時代ですね。

もちろんスマホ無しの保護者にはメールしてくれるので連絡はもらえるのですが、送る側に立った時、スマホの人はメール受信への感度が低いために気づいてもらえないことが結構あるみたいです。

僕はときどき「スマホの方が今より5〜600円くらい安くなるよ」と言っていたので、結構すんなりスマホへ移行することになりました。


それでは引っ越しです。

1.僕のクレジットカードで支払うために名義変更する。3000円
2.マイナンバーポータビリティの転出予約番号をもらう。3000円+違約金1万円
3.新しいシムを注文する。3000円位

月々500円位安くなるよと言ったけれど、引っ越しで2万円かかります^^;

やはり痛いのは違約金。
以前ソフバンiPhoneから引っ越した時は2年ごとの無料月を狙って手続きしたのですが、今回はどうにもなりません。
10年来の客から「違約金」をとる精神力はあらためてすごいと思う。



引越し先は僕と同じIIJと思っていましたが、ちょっと調べてみるとぼくがIIJと契約した時よりも選択肢が大幅に増えていました。

その1つDTIシム。

ネット使い放題2350円とか、凄くないですか。

うちは自宅が光なので必要ないですけど、寮暮らしの学生とかね。
僕も一人暮らしだったらこれ試してみると思う。

使い方を想像すると1GB/月で十分なんですよ。
1200円。
安いですね。


これで決まりかなと。

ちなみに端末は僕と同じFreetel雅。
マサじゃないよ、MIYABIです。

僕が買った時より2000円以上安くなってました。

フリーテル端末なんだからフリーテルシムにしとけばいいと思うのですが、ここは去年速度偽装してたことが話題になったのでちょっと怖いのです。



でも一応料金を調べてみると…最初の1年900円/月、やっす。

月々500円どころか、今より1000円くらい安い。

2年目以降も1200円でDTIと変わりません。

安い。

速度に関しては、第三者(と思われる人々)が、偽装が絡まないような測り方をしても他のシムと同等なので、 これで決まりですね。




ところで、僕にとってスマホは仕事や生活で使う道具という位置づけになりました。

iPhone3Gのときのようなトキメキを再び感じるとすれば、スマホがこちらの問に対し、問で答えたり、問題可決を自力でできるようになる時かなと思います。


たとえば、僕が運転中に「オーケーグーグル(←いちおう言っとく)! 『杜のうみ水族館』って今混んでる?」と聞きます。

グーグル「運転中なのでハンズフリーで電話してみますか?」と聞き返してきます。

僕「ダメだよ、人と話すの嫌いだもん」

グーグル「それでは検索してみます・・・」

たぶん「杜のうみ水族館、混雑(または混み具合)」で検索。

グーグル「水族館のサイトには混雑状況についての情報はありません」

僕「情報がないっていうのは、混雑していないとイコールじゃないよ」

グーグル「もう少し探してみます」

一発で答えが出ない場合、別の検索ワードや、他人のブログから情報を持ってきます。

グーグル「半年前のあるブログの内容ですが、「水族館がツイッターで混雑情報を出している」と書いてありました」

僕「いいね。じゃあ今日なんてつぶやいてる?」
このとき僕は主語を省略しますが、グーグルはちゃんと誰のツイートかを理解しています。

グーグル「今日のイベント情報だけで、混雑状況はツイートしていません」

僕「ということは、多分混雑してないってことかな」

僕は確信をつよくするためにもっと求めます。

僕「小学生の夏休み期間中みたいな混んでる時、例えばお盆あたりのツイートでさ、混雑うんぬんが書いてあったりする?」

グーグル「8月12日のツイートに「3時間待ち」というのを見つけました。

僕「そう、じゃあやっぱりそういうツイートがないから今日は混んでないってことだね。サンキューグーグル(←いちおう言っとく)」

こういうやり取り。

人が欲しい情報を求めるとき、一発で適切な検索ワードを口から発信できればいいのですが、通常はやりとりしながら問題解決をしていきます。
それをスマホに求めたい。

と、ここまで書いて、グーグルが直接水族館に電話して聞いてくれればいいと気づきました。

問題解決の方法はひとつじゃない。

2016/11/20

ステンレス包丁を4本砥いだ三河油石の表面

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

僕は包丁を砥いでます。

これまで貝印の3000番(というわりに結構粗い)からのキング6000番で、僕の技術だと2本砥げば疲れる、というか飽きて集中力がなくなります。

硬質、ヤスリ系の天然砥石〜三河油石だと、いきなりこれでガーッといくと2000番くらいの感じ。
そこから力を抜いて優しくシャーッとやると5000番くらい。
それで終了となって、つまりうちにある包丁4本を一気にいけます。

今までポッドキャストを聞きながら緩やかに過ごす趣味の時間であった包丁砥ぎ。
それがあっけないほどあっさりと終わってしまします。
いや、それはもちろん良いことなんですけど、趣味として成り立たないほど現実的かつ実用的な砥石だと言いたいのです。


 4本砥いだあとの表面を拡大。

単焦点レンズと僕のレタッチ技術で傷を強調…すこし強調しすぎ(;´∀`)


 別角度から。

 こちらの方が実際の見た目に近いですね。

ダイヤモンド砥石1000番で表面を仕上げた時は、少し曇った御影の墓石くらいのツルツルさで、4本砥ぐとそこに細かな傷が入りましたが、表面に歪みはなく、このまま5本目、6本目と余裕でいけます。

我が家の貝印とキングの研磨剤系の砥石は、包丁で砥ぐ以上に砥面の平面処理ですり減っていき、実にもったいない気持ちにさせられます。

さらにその作業自体がつまらないw
趣味なのに。

包丁に鋭い刃をつけるために仕方なく平らにしているのが本音です。

このもったいなさとつまらなさのせいで、近所のママ友や仕事づきあいのある人から包丁砥ぎについて相談があっても、「じゃあ僕が砥ぎましょうか」とはなりません。

適当に貝印や京セラのタッチアップシャープナーを紹介しています。
月に1回シャーシャーやって、2年でシャープナー買い替え、とかほんともう適当に言ってます。
そんなに間違ってるとも思いませんが。

表面処理の労力が大幅に減る三河油石なら、ご近所さん1〜2人位なら砥いでも良いかなと。
ただ、僕の包丁は9:1くらいの片刃ばかりなので、両刃は緊張しそうな気がします。
あと、1〜2名分砥いで、その話が他のママ友に広がるのも困っちゃうんですよね。

2016/11/14

隠れトランプ支持者は何から隠れていたか

僕の周りのほんの小さなコミュニティでは、ほとんどの女性がトランプの当選に嫌悪を示していた。

僕はどちらでも別に構わない。
トレード好きとしては、こういう危なそうなときはただポジションを軽くしておくだけだ。

僕が個人的に嫌悪を感じたのは、当選後のデモ、デモを超えた暴動、トランプ支持者へのリンチなど。

選挙運動中からトランプ支持のTシャツを着ている女性が暴力を受けたとか、そういうニュースが多かった。
その逆はほとんど見なかったが、それがミスリードされたものなのかどうなのかわからない。
とにかく移民らしき集団に、白人女性が暴行をうける、という映像は衝撃だった。

「ザ・民主主義」とも言える「選挙の結果」に対してのこのようなデモや暴動は、白人に限らず、まっとうに生きている人々に「ザ・反・民主主義」と映るだろう。
 デモが誰にでも与えられた権利などというのは、選挙後のこのタイミングでは不適切だ。

 暴動を見ていていて僕が感じたのは、トランプ支持者はヒラリーのこと以上に、ヒラリー支持者のことが嫌いなんだろうな、ということだ。

ヒラリー支持が多い地域では、隠れトランプ支持者は、変な奴と思われることと同時に、物理的な暴力から隠れる必要があったのかもしれない。

トランプは「メキシコとの国境に壁を作る」と言った。
しかしそうまで言われたラテン系の3人に1人は、トランプに投票したのだ。
それくらい嫌われていたのだ。


ヒラリーがやるべきだったのは、「たとえ移民だろうが、イスラミックだろうが、マイノリティだろうが、暴力は絶対に許さない、それは民主主義ではない、そんな奴の票はいらない、アメリカから出て行け」 という強い姿勢を示すことだったと思う。
それがまっとうというものだ。

なぜそれができなかったのか。
ほんの僅かな割合の暴力者の票ですら欲しかった、とは思えない。
もしかしたらヒラリーは、長い政治活動を通して、そういう汚い行為に対して感受性が低くなっていったのかもしれない。

トランプ支持者がヒラリーではなく、ヒラリー支持者のことが嫌いだとすると、まさにアメリカが分断されている状態だ。
しかし暴力行為を憎むような方向にいけば、それは民主主義的な思想であるから、ひとつのアメリカという状態に戻れるんじゃないかと思う。


  さて、日経平均が900円落ちて1000円戻したことからわかるように、トランプの経済政策については、大規模な金融緩和と公共投資をすすめるという記事が多い。

 ロイターの記事にはFRB議長と蜜月というタイトルもあった。
 今までイエレンさんは雇用を重視していて、その雇用が回復してからは金利を上げたがっているように見えたが、たぶん僕の勝手な勘違いかもしれない。
 
 ちなみにこの政策だとドルが米国に集まってドル高になる。
 公共事業で国内産業は潤うかもしれないが、同時に人手不足で海外からの安い人材が増えることになる。
これはトランプ支持者が求めていたことではない。
金融関係は好調になるだろうが、これもまたトランプ支持者の求めていたことではない。
肝心の輸出産業はドル高で不調になる。
経済に関しては、何かが大きく変わるとは思えない。
結局構造がそうであれば、そうなるしかないからだ。
最後にTPP、アメリカにとっても悪い話じゃないと思うが、トランプ支持者には難しすぎるか・・・。

2016/11/13

三河油石の仕上げ完了。さっそくVG1を砥ぐ。

昨日は眠くて仕上げることができず、今日仕事が終わってからSK11の#400→#1000でだいたい仕上がりました。

この辺がまだ残っているけどまあいいでしょう。
なんといっても仕上げているのは自分なので、面のどのあたりを使えばいいか理解しながら砥ぐことができます。

ついでにSK11で貝印とキングの砥石もきれいにしましたw


さて、さっそく僕のメインの包丁、Gサカイの空を砥ぎます。
鋼材はVG1です。


#1000で仕上げたせいか、前回よりも吸い付く感じがします。
そして相変わらず砥ぎは早いけど優しい。

研磨剤タイプと最も違うのは、切っ先からそりにかけてが本当に砥ぎやすい。

研磨剤タイプは、僕の砥ぎ方のせいなのか、砥面に深い傷がつくように削れてしまいます。
三河油石は砥面が硬い、そのことがありがたいですね。

切っ先を砥ぐことを避けていると、「そり」のカーブが消えてだんだん直線になってきます。
「そり」のカーブのない包丁は使い物になりません。

ちなみに玉ねぎをスライスするとき、嫁は押しながら切り、僕は僅かに引きながら叩いて切ります。
押すとか引くとかは人それぞれでいいと思いますが、刃先で引く場合はここにカーブがないと本当に切りにくいです。



こちらはDPコバルトのペティ。
切っ先〜そり以外は使わないといってもいいくらい先端専用機です。
つまりこれも砥ぎやすい。

砥ぎ終えた切れ味については、キングでも時間をかければ腕の産毛がサーッと剃れるくらいまで仕上げることはできていたので、絶対的な切れ味がこれ以上わかりやすく上がることはありません。

しかしこの時間のかけ方や切れ味は実用的なものではなく、一太刀目の切れ味を楽しんで、ニヤニヤするためのもの。
趣味ですね。

普段は実用的なところで収めるのですが、三河油石は、この実用的なところまでの時間が恐ろしく早い。
砥面が硬いので力を入れればグイグイ砥げる。
徐々に優しくすればきめ細やかに仕上がる。
それで終わり。
吸水も必要なし。
かけるだけ。
これまでと全然違う世界だなと思います。

2016/11/10

いろいろ懐かしいビッグバドのチューン

イマカツがJBワールドシリーズをビッグバドチューンで優勝したのは、いつでしたっけ?

調べたら2001年夏。
15年前です。

テール側上部にヒートンを斜めに刺し、そこにブレードをつけるチューンが流行りました。

ブレードがボディと当たりやすくなり音がでる。
そして重心が上がるために、バランスを崩しやすくなる。
いわゆるチドリ。

欠点は強度。
ヒートンが回転してしまい、そこから浸水してしまう。

そこでヒートンをガッチリ固定する方法はないか?という相談を受けたのが…2010年


2010年、つまり6年前です。
うちの子もまだ生まれていません。



ヒートンの代わりに、ワイヤー+FRPボードのユニットを作って貼り付ける、という改造をしました。

穴を一切開けないので浸水はありません。

ヒートン以外でブレードの位置を変えている改造はこれ以外ほとんどないと思います。
作った当時はバランスを崩すんじゃないかと心配していましたが、むしろ調度いい不安定さのようです。


そして2016年、そのビッグバドが戻ってきました。
ボディーには艶がなく、フックサークルよりも深い歯型が無数に。

これと同じ改造を別のバドにも、という注文。
同じ改造、といっても僕の記憶が曖昧なので、その見本のために戻ってきたわけです。

めちゃくちゃ懐かしい。

傷だらけのバドと過去記事の写真を見返すと、時間の流れを感じます。



改造そのものは覚えていますが、材料は忘れていました。
ノギスで測ってみるとワイヤーは0.9mm。
6年前の記事に書いてなかったので、ここで記録しておきます。

あとノリーズのVブレードはいいブレードです。

できました。

また旅立っていきました。

三河油石の仕上げ、の始まり。全然終わらない。

 ダイヤモンド砥石が来たので三河油石の砥面を仕上げていきます。
最初は#400から。

ところで前回はルミックス、今回ニコンD5000で撮ったのですが、随分色味が違いますね。
ニコンは見た目より黄色い。

 シャリシャリと心地良く砥げます。
さすがダイヤモンド。

 ちょっと砥いで、砥面を見てみます。
少しグリッド線が消えました。

 再びシャリシャリして、また砥面を見る…あれ?

 あれ・・・砥げないwww
砥ぐというか削るに近い作業なのですが、削れていきません。

 考えると気が遠くなるので考えずに作業を続けます。
グリッド線がまだ残っていますが、これ以上続けると翌日の仕事に響くのでこの辺で一旦おわり。

おもむろにDPコバルトのペティを取り出します。

まだ#400。
不十分な状態。
わかっちゃいるけど早く砥いでみたくて我慢できない。

教わった握り方で、平らになった部分をつかってちょっと砥いでみます。


ファーストインプレッションは、「思ったより優しい。」

硬い粒子と粒子の間に、水を十分含むことができるからでしょうか。
もっとガラスの上を滑るような硬くて、とんがった砥ぎ味を予想してましたけど、それよりもずっと優しくて、手応えがあります。
上の写真を見ても、水がしっかり馴染んでいるのがわかります。

優しいけれど砥面そのものは当然硬く、ガシガシ砥いでいけます。
いつもは砥面を保護しつつ砥いでいますが、そういう気疲れがありません。

まだ#400の状態で手の甲の産毛が少しそれました。
かかった時間は普段の1/5くらい。
砥泥が全然出ないくらい硬いのに、滑らかで優しい。

これが三河油石か・・・

途中でペティを砥いでみてよかったです。
遠くなりかけた気持ちが戻ってきましたw
丁寧に仕上げようと思うのでした。

2016/11/09

ケースファンをUSB接続にしての回転数を落とす話


まな板PCというジャンルがありますが、我が家のメインPC(右)はまな板でサンドしている構造になっています。
それにはファンが3つあって、CPU、グラボ、ケース内部をそれぞれ冷やしています。

 

しかしほとんどむき出しに近いうえ、デスクの上に置いているので少しうるさいんですよ。

CPUファンは、温度に合わせて回転数が変わってくれるので、ブラウジングくらいではユルユルでそれほど気になりません。

気になるのは一定数で回っているグラボとケースのファン。

開放的なPCにおいて、ケースファンとグラボのファンは回転数を減らしても問題なさそうな気がします。



やってみましょう。


ケースファンは通常12Vで回っていますが、それを5VのUSB接続にすればパワーダウンしてくれるらしい。

ダイソーのUSBケーブルをむしって、赤は赤、黒は黒で繋いで、その他の色は無視します。


雑ですが、一応ちゃんとハンダ付けしています。

雑なのはテープです。


いいですね。
ユルユル回るようになりました。


この風の通り道に、ファンを外したグラボがあります。


ファン3個→1.5個といった具合でしょうか。
夏はどうかわかりませんが、仙台の冬は大丈夫でしょう。
だいぶ静かになりました。

2016/11/07

天然砥石が来た。三河油石が来た。

砥石がひとつ増えました。

酔狂砥技師の「酔仙」さん(ずっと「酔狂」さんだと思ってました(^_^;)失礼しました)から、三河油石という天然砥石を頂きました。

もう一度言いますけど天然砥石です!

ありがとうございます!

いつも手前の貝印とキング砥石を使っています。
奥の黒いヤツはナニワ砥石で、何番だったか忘れましたが、自転車のアルミパーツを磨くのに使って、包丁には使っていません。

 さて、自分には天然砥石は無縁だと思っていたのでほとんど知識がありません。
 まず観察しましょう。

重い…。
庭の玉石にガラスを混ぜて圧縮した感じ。


この断面が楽しい。
指の腹でこすると粉がつきますし、爪でひっかくとちょっとだけ粒子が落ちます。
メチャクチャ硬い粒子をそれより少し柔らかい粒子で繋いでいるような構造。


それから天然砥石とかアルカンサスとか三河油石で検索し、砥ぎの動画を見ます。

果たしてあんな風に砥げるだろうかと不安になりますね(^_^;)

僕の場合下手なので包丁と石の角度が安定しないんですね。
それでキング砥石で仕上げるとき、最後は力を抜いて撫でるようにしています。
時間はかかりますが。
以前なかなか産毛がそれるようにならないため、試行錯誤しているうちにそうするようになりました。

この天然砥石も試行錯誤、練習しているうちに自分の技量にあった砥ぎ方を見つけられたらと思います。

あと思ったのが、切っ先が砥ぎやすそう。
これまでキングで切っ先を研ぐとその度に砥面が痛むので、どうしたらいいんだろうと思ってました。
これだけ硬いとガシガシやれそうです。
 砥面はSK11というダイヤモンド砥石で仕上げるそうです。
ダイヤモンド砥石の知識もありません。

近所のホームセンターの台所用品コーナーには置いてなかったのでAmazonで注文しましたけど、このパケを見るとむしろ工具コーナーを見るべきだったかも。

ちなみにこれでシャプトンの面直しをしてる人が多いというのも、今回はじめて知りました。
ダイヤモンド砥石を下にして、修正する砥石の方を動かすというのも知りました。

いろいろ勉強になります。