2016/06/02

梅雨前にKiller V900で気持よく走る

 梅雨と言っても東北のそれはいつの間にか来ていつの間にか終わっている程度のものですが、気持ちのいい午後に小一時間ほど走ってきました。

今日のKiller V900。

写真を撮ろうとしたら強風で手前に倒れて焦りました汗

ハンドルは日東のショートブルホーンバーに。

昨年末まではリッチーのクラシックハンドルバー+内側バーエンドバーで、あれはあれで快適でしたけれど、これはこれで快適です。


ハンドルの変更に合わせてブレーキレバーも変更。
シマノからノーブランドへの変更なのでフニャッとしましたが実用上問題なし。

グリップはホムセンで買った円柱状のスポンジゴム。

 この安いサムシフター大好き。

 
   この Force 40 Plusというブレーキシステムも気に入ってます。

 ペイントを落として磨いた安いクランクもフレームとよく合っている。

チタンシャフト&マグネシウム製のフラペ。

これは相変わらず似合っていないけれど軽くて実用的。


 安いサドルだけどお尻に合えばそれでいいのです。

 こういう道を走り、
 小川に降ります。

 生活排水で水質はイマイチですが、メダカがいました。

下流に水深があるポイントも有りましたが、水量が安定しないので大きな魚はいないと思います。

 遠くに車が見えます。

あちら側、こちら側。

グラベルロードやマウンテンバイクは、明確にあちら側から抜け出せる感じがいいですね。
夜の橋の下でシーバスを狙っている時もそういう抜けだした気分になれますよね。

釣りは小一時間で満足するのは難しいので、しばらくはこういう遊び方をしながらポイント探しです。