2014/11/26

アンドロイドのホーム画面で遊ぶ


6年使い続けたiPhone、あと1周間でキャリア替えに伴い卒業です。

アンドロイドの使い方に慣れるためにいろいろいじって遊んでいます。

挙動や見た目など下品ですが、自由度が高くて面白いですね。
PC自作派の自分にはこの下品さが向いているのかもしれません。

ホーム画面をいじってみました。
使用したアプリはスマホ側でDesktop Visualizer。
PC側でGIMP。
アプリは11個しか置けなくて実用性が低いけど、見た目の面白さ重視です。



 このへんが実用的で、多分このシリーズでしばらく使っていくと思います。

ロモグラフィーのたんぽぽ。

夕焼けの山。

流れ星。


インターバル撮影による星空。



これも実用的で見やすいですね。

iPhoneで使っていたアプリも、大体置き換えられそうです。



2014/11/03

キューブキュービック

もともと乗っていたプリウスのように屋根の低い(あるいは普通の高さ)の車は、チャイルドシートとの相性が悪いですよね。
子供を乗せるときに、長いロッドを積むときのように、一旦後ろに下がってから頭から突き刺すように乗せる必要がありまして、非常に面倒くさいのです。

そんなわけで多くの家庭が進む道、つまり屋根の高い車を買いました。
しかも3列シートです。

嫁が運転できるコンパクトな3列シートは限られています。

アレとかソレとか、キューブ・キュービックとかです。

頭の上の空気は完全に無駄だと思っていましたし、最近マツダの車がカッコイイしで、ボックスタイプはせいぜい4,5年乗って、マツダに交換かなと思っていましたけど、キューブ・キュービックは予想以上に釣りがしやすかった(笑

とにかく車中泊で6時間一度も目が覚めずに寝たのは生まれて初めてです。

その日は朝の9時から昼の3時という、釣れる気のしない時間帯を完全に睡眠にあてることができました。



運転席を一番前に出して、隙間を埋めなければ行けませんが、完全にフラットになります。
正確に測ってないですけど、170ちょっとの人であれば、斜めになるとか頭の段差を解消するとかの工夫をすれば足を伸ばして寝れます。
初期型プリウスよりも小さな車なのに。

乗り心地は悪いですよ。
頭がぴょこぴょこするし、後ろの座席はおしりがぴょこぴょこする。
ドアがバン!ですし。
うちはマンションの1階なのですが、車を変えてから「ドアの音で帰ってきたのがわかるようになった」と言われました。

しっとりとしたプリウスからなので、なおさら比べてしまいます。
ベンチシート、と言われていますが、まさにソファから公園のベンチです。

北海道で現行のキューブをレンタルした時はそれほど悪い印象がなかったので、この11型がそうなんでしょう。
しょうがないです。
それでもキュービックはキューブに比べればまだマシという話ですし。

睡眠以外でいいところは、小回りですね。
河川の堤防を登ったり降りたりするときの切り返しとか、そういう場面。
プリウスよりも明らかに回転半径が小さい。
ラクだなー。