2014/04/30

足こぎ車いすという車いす

あまりに長く釣りから離れると、これまでいったいどういう心の持ちようで釣りに行っていたのかわからなくなりますね。

仕事か子守か、という毎週末です。

先週末は仕事のほうでした。




株式会社TESSの「足こぎ車椅子」という新しい車椅子のイベント。http://www.h-tess.com/profhand.html


インターネット系の広報を頼まれることが多いので、今回もそれかなと思っていたのですが、ダンスの振り付けを頼まれました。

車椅子に乗ってダンスします。



人類が誕生して200万年。
たぶん人類史上初か、あってもひと桁台の足こぎ車椅子ダンスチームです。

車椅子の特性を把握しつつ、見栄えのするダンスを考案します。

ちなみに参考にしたのは一輪車のダンスです。

さらに「余裕があったら足こぎ車椅子をつかった新しいスポーツを考案して欲しい」と。


この車いすの優れているところは、まあいろいろあるのですが、とにかく選択肢があることはいいことですね。

障害者の障害は一様ではないですから、「人によってはある薬が効かなくても別の似た効用の薬が効く」みたいなことが期待できます。







2014/04/15

大人の通信料金節約

90歳の誕生日を迎えた男性に、70歳代の10年間と、80歳代の10年間はどちらが短く感じましたか?という質問をしたら、80歳の方だという答えでした。

何の話かというと、あと7ヶ月でソフトバンクの2年縛りが切れるので、今からその後のプランについて考えておかないと、あっという間に7ヶ月が経ってしまうということです。
時間が経つのは早いのです。

というわけで、調べたことをメモ代わりに。
7ヶ月後、自分でこの記事を読み返します。

まずガラケーとPocket WiFiとスマホというのも考えましたが、全然スマートじゃない。

格安SIMの方向で行きたいと思います。



条件は

1、音声通話、しかもMNPの転入ができること

僕はすでに大人になってしばらく経つので、番号交換した人々のなかには、それほど近い関係でない人も多く、「ケータイ番号変わったよん」などと通知するのはなかなか躊躇します。



2、SMSが使える

もともとキャリアメールをあんまり使っていない。
LINE、Gmail、SMSが約8割。
キャリアメールがつながらなくても、「あ、SMSなら繋がるかな」と機転の効く人も合わせれば9割以上は今のまま連絡が取れるでしょう。



3、高速無線通信が使える

毎月だいたい1~2GB。




この条件で探すと下のサイトがまとめてくれてる、ありがとう。
http://matome.naver.jp/odai/2139013271214522101

で、ⅡJがよさそう。
2800円位でLTE2GB、その後200kbps。
通話は20円/30秒だけど、そこはG-Callとか楽天電話。


楽天電話はちょっとデザインが楽天すぎるwww


今はSoftbank同士無料だから使ってないけど、大手キャリアからフリーになった時にこのサービスが効いてきそう。



自宅のネットは光からyahooのWiFi、約3000円にする。

ⅡJのLTE2GBで足りなくなりそうなときは、このルーターを持ち歩く。

うん、いいんじゃないでしょうか。


問題はソフトバンクのSIMロックだけど、なんとか根性で解除してやる。

いろいろ調べて、あ、これ良さそう、と思った時に動けないのが悔しい。

その悔しさをバネにSIMロックを解除するのです。

あと7ヶ月、首を長くして待ちます。