2011/03/31

原発は安全にならないと思う



ホンマでっかでお馴染みの武田邦彦先生は、某民間企業でウラン濃縮研究所所長を務めていたそうです。
彼は「安全な原子力には賛成で、危険な原子力には反対」といつものように分かりやすい意見を言い、「原子力は技術的には安全だが、運用する人間の問題で危険になっている」と話しています。

運用する人間の問題。
これは絶対に解決しないので、原発は安全にならないと思う。

例えば女川と福島で想定している津波の高さが違うっていうのが意味わからないですよね。
設立前の会議で疑問に思った人もたくさんいただろうけれど、最初から決められている「流れ」を変えるわけにも行かなかったんでしょうね。


役人が行う様々な会議というのは、議論を繰り返してブラッシュアップするという意味の会議ではなく、「こういう様々な手順を十分に踏んできたから何かあっても我々の責任じゃないですよ」という免罪符づくりに過ぎないのだ。

手順を踏んだという証拠(つまり免罪符)は、膨大な会議録や資料として残される。
免罪符づくりにはかなりの時間が割かれてしまう。
そのシワ寄せで、国民が臨む現実的な、あるいは直接的・実際的なサービスはハッキリと低下する。
僕のいる病院でもそうだし、たぶん全国津々浦々の役所でもそうだろうし、学校の先生なんかもそうだと思う。

現場は対象者の声に応えて「もっとこうしたい」という気持ちがあっても、「もっとこうする」ためにはさらなる会議と免罪符を作る必要があり、つまりできません。
時間的に不可能。

利用者の声に孫正義さんが「やりましょう」って答えるようには絶対に行かない。

役人がやると上手くいかない、という事例は多々あるけれど、実際的なサービスよりも免罪符に時間をとられたり神経を尖らせているからなのだ。

彼らは大したサービスをしていないから暇なんじゃないかと思われるかもしれないが、実際は膨大な免罪符づくりでかなり忙しい。
そんな免罪符づくりに充実感を覚える人は少ないので、自然と笑顔は少なくなっていって、役所のカウンターでよく見る「無表情」となっていくのだ。
間違いない。

じゃあどうやって改善するか。
絶対に改善しない。←早過ぎるだろ!

それこそ割り箸で海をかき混ぜるようなものだ。

職員はすでに麻痺して何も感じていないか、なにか感じている人がいても、それぞれに生活があって、下からの突き上げはできないのだ。
そこは責めようにも責められない。
そして自分で生活できる人は、現実的だから割り箸で海はかき混ぜずに辞めて独立する。

原発はそんな組織で作られていくのだから、理論的に安全でも、絶対に安全になることはない。
それが震災後、原発に対しての、僕の意見。
もう手遅れかもしれないけれど。

写真 ガレキの田んぼ がんばろう仙台

oga100
oga100 posted by (C)シェリルミノー
Canon Powershot S90

パッと見の美しい写真だけじゃなく、シコリの残るような、苦くて飲み込めないような写真も僕なりの色づかいで掲載していこうと思います。

僕は実際に汗を流してきたから迷いなく掲載します。
何か言われてもメンドクサイから無視します(笑)

若い人には、「旅」としてここに来てボランティアをして帰るというものオススメ。
若いときの旅って、慰安やレジャーじゃないですからね。

何かを見つける行為、それが旅ですからね、フフフ、いいこと言っちゃった。
何か見つかりますよ。

ボランティアの後に牛タン食ってビールを飲めば涙出るくらい美味いはず。
被災地にお金も降りて最高じゃないですか。
そんな旅気分なら、被災地の人に感謝されることはあっても、不謹慎って言われることは絶対無い。

春休みもあとわずか。
道路も空いている。

来るなら今しかないよ。

2011/03/30

写真  座礁  がんばろう仙台

oga099
oga099 posted by (C)シェリルミノー
Canon Powershot S90

芸術家としてね。
ボランティアの合間に、S90でたくさん写真を撮りました。

その中の1枚。

ここは七北田川にかかる45号線の橋の近く。
マイクロバスでボラの現場に行く途中、突然現れてみんな声を失って凝視してましたね。

不謹慎かもしれないけれど、被災地にボランティアにきて、こういう光景を目にするのも何かのプラスに成るかもしれないと思うんですよね。
仙台の道路はスカスカなので、県外からもどんどんボランティアに来ていいですよ。
緊急車両のために外出を控える時期は過ぎました。
遠慮は要らないです。
あ、でもこちらはまだガソリンが手に入りにくいので、地元で満タンにしてまた地元に戻れる距離の人だけかな。

もしくは学生同士ならすぐ仲良くなるから、こっちの学生のアパートに泊めてもらえばいいよね。
楽しそうだな。
ボラは楽しんでやりましょう。
やらないでブツブツ言うヤツより、体動かして楽しんでいる方がエライよ。



大きな地図で見る




いつものように元の写真も。




一緒に汗を流したみんな。
帰りの待ち合わせ場所に戻る途中
「こっちの道だっけ?」

景色が異常なんで、何を手がかりに道を覚えていいかわからなくなるんですよね。

たしかになんとも言えない変な方向感覚。

僕は道を覚えずに方向を覚えるので大丈夫。
海があっちで、太陽がこっちで、今3時くらい。
そんな感じで進むのですよ、フフフ。

2011/03/28

ボランティアに参加してきた。

oga098
oga098 posted by (C)シェリルミノー
Canon Powershot S90

今日は仙台市宮城野区のボランティアに行ってきましたよ。

前日の昼くらいまでに一度電話しとくといいみたい。

電話すると「汚れていい格好で来て下さい」とか、簡単な説明があります。
言われなくても僕はすでに汚いのでクリアです。
「ボランティア保険というものに加入していただきます」と言われたけど、それは自動的に加入で、費用は行政持ち。

時間は9時~15時まで。
受付とか説明があるので実際の作業は10時~14時くらい。
疲れたら休めばいいし、癒えたら作業すればいい。
気楽なもんです。


これから支援に行くところ・・・だけど、みんな作業に備えて汚い格好をしてるから、なんか支援を待ってるみたいだ(笑)

9時ちょっと前に宮城野体育館(駐車場あり)に行くと、まず簡単な書類を書きます。
住民票移動の1/5000くらい簡単。

書類を書いたらパイプ椅子に座って説明を受けたり、ボラの内容の希望をとったりします。
保育所で子どもの世話なんてのもありますが、メインはガレキの片付けです。


僕ら釣り人にとっては普段着(笑)
っつうか僕のよりずっとキレイだしすっぱくない。
ゴム手袋とか長靴とかウェーダーを貸してくれます。
みんな「ウェーダー」っていう名称を知らないから「胸までくるような変な長靴」って言ってましたけど。

僕は蒸れが嫌いなのでスニーカーでやりました。
2号機の溜まり水じゃないので今日の現場ではスニーカーでも大丈夫。
大丈夫っていっても、スニーカーが泥だらけでも気にならない人だけの話ですけど。


ボラの場所まではマイクロバスで移動して、降りたところはセブンの駐車場。
今回は宮城野区の岡田という地区で作業しました。
このセブンはよく釣りの帰りにメロンパンとか唐揚げとかガリガリ君とか買ってたんですよね。


僕らの作業現場。
この家をキレイにします。
キレイになるまでやるんじゃなくて、決まった時間がくるまで休みながらやるんです。


社会科の時間に習ったと思うけど、だだっ広い田んぼの中にある平屋の家って、敷地の周りを杉が囲んでいますよね。
その杉にどこからか流れてきた木材とか車とか物置なんかが引っかかって、ゴミだめになってます。

樽とかね。

人がたっている場所に溜まっていたゴミを、男女計6人で手前に移動。
そこからは別の日に誰かがトラックに積むんだと思います。
奥に写ってる軽トラと物置はどうしようもないので放置←どうすんだろう。





家の中の泥のかき出し。
近くの海はヒラメやシーバスが釣れる比較的潮通しのいい海だけど、田んぼがあるせいで砂じゃなくて泥がメイン。

泥を運ぶ架け橋、ドロブリッヂ。
昔の農家の平屋なんで、上がりかまちが高いんですよね。



現場は和気あいあい。
南三陸出身者もいたけど「建物は壊滅だけど、テレビで言うよりかなりみんな生きてますよ」って。
もともと防災意識が高いのだ。
テレビは悲惨なところか感動したところしか伝えないから、それはまあしょうがない。
そうしないと僕らもテレビを見ないわけだから、視聴者側にも問題はあるんですよ。

僕は福井で生まれて、秋田、鹿児島、メルボルン、仙台といろんなところで生活してきたこともあって、全然土着はないんですよね。
だからはっきりいって、この土地を捨てて生活したほうが楽なんじゃないかと一瞬思っちゃうけど、そうしたくてもできない現実もありますからね。
ここで農業をする以外生活の方法をしらなかったり。


ボランティアの内容に不安があって、参加しようかどうか迷ってるなら、まあこんな感じの内容です。
参加したほうがいいですよ。
労働力は中国の人海戦術がうらやましいくらい必要。
とくに春休み中の学生のみんな、1日参加すれば、その労働力は1万円募金したようなもの。
1万円なんてなかなか出せないでしょ。
3日参加したら3万円。
そしたら胸張って「3万円分募金した」って威張ればいいよ。
気持ちだけじゃなくってね。
ずっと参加している学生も実際たくさんいて、その辺の大人よりずっと貢献してる。

今週何もなければ、土曜日に仕事が休みなのでまた参加しようと思ってます。

もし車がなくて宮城野体育館まで行けないんであれば、土曜日、宮城野区に限り車で拾いますよ。
skylures@gmail.comまでメールくれればこちらから拾います。
飲み物くらいは自分で用意しといた方がいいですね。
アクエリアスとか。

今日みたいに晴れればいいですよね。
ちなみに雨降ったら参加しません。
一刻を争う事態じゃなく、ながーい時間がかかる事態なんで。
そういう辛いボランティアは続きませんからね。

写真 僕だって腹は立つ

oga097
oga097 posted by (C)シェリルミノー
Canon IXY DIGITAL 55

何かせずにいられないけれど、ガソリンがないので家で写真をいじってます。

写真左後ろの2人のうちのひとりが僕なので、僕が撮った写真じゃないですね。

僕のPCに入ってました。
僕の友達の誰かが撮ったのだろうけれど、暗いのによく撮れてる。
Exifが残っていたのでよく見たら、Canon IXY DIGITAL 55というカメラで、500万画素でf2.8。
いいバランスですよね。

今の技術でコレくらいのバランスでコンデジを作って欲しいです。
コンデジは500~600万画素で十分です。


今日は休日無給出勤をしながらiPhoneで放射能の拡散予想を見ていました。
ドイツの気象庁によるものらしいですけど、日本もコレくらいできるでしょ。
屋内退避者に自主避難をさせるなら、自主避難の判断となる情報をだすべきですよね。

だんだん腹が立ってきました。
「怒るときってあるの?」って聞かれるくらい僕はほとんど腹を立てることがないのですが、それは誰かのミスや不注意で僕に何かが降りかかっても僕自身でなんとかできるって思い込んでいるからです。

でも原発・放射能問題ってどうにもならないから腹が立ってくるんでしょうね。

東海地震の想定震源域のど真ん中に浜岡原発があったり、明治三陸大津波は38.2mという記録が残っているのに「想定外、1000年に1度」って・・・。

ウィキペディアで簡単に調べられる内容のウソ、腹立たしいですよね。

役人が絡むこういう大きな決定って、ほんと奇跡的なくらい責任の所在を薄めながら、なにかこう、雰囲気とか空気のように、あるいは時間が決めてくれるかのように決まっていきます。

僕は1年くらい公務員に準じる仕事をしているのでこの空気がよくわかります。

「なにかあってもうちに(責任が)来ないようにね」というのは日常のように口にします。

僕はいつもびっくりするのですが、ごく普通の善良な人がそういうことを言うんです。
悪気や疑問もなく。
持っていたとしてもそういう事を口にするのは暗黙のタブーです。
僕はポロッとそういう疑問を口にしちゃって空気が凍るんですけどね。

みんな自分の役職に合った役割を、これまで先輩がそうしてきたようにする以外ありません。

そこに明らかにおかしいことがあったとしても、その流れを止めることは、同僚に迷惑をかけることになって、上司に迷惑をかけることになって、それはさらに上の人の迷惑になって・・・。
つまり周囲の迷惑は考えていません。
あくまで組織に迷惑をかけないように動くしか無いのです。


放射能の拡散予想を出せと言いましたが、すぐには出てきません。
第一に誰がそれをやるか誰も分からないし、もし誰かが「よし、俺ならできるから俺がやろう」と思っても組織の中の誰にお伺いを立てればいいのかわかりません。

とにかく世の中のためになる善い行いも、勝手にやってはダメなのです。

非常時だから菅さんがどんどん決定すればいいのですが、その能力がないのが残念です。
この非常時は、なにかこう、監督がいないまま映画を作っているかのように見えます。

あ、拡散予想の話でしたね。
まずできる誰かが直属の上司に「自分にやらせてください」とお伺いをたてるとします。
大抵は部下から来た要望をそこで飲み込んで終わりです。
仮にその上司が迷いながら動いたとしても、その上か、その上あたりで曖昧に飲み込まれて終わりです。

僕はそんな組織を辞めますが、20年前に辞めた方が言っていてことを思い出します。

「何かしようと思っても割り箸で海をかき混ぜるようなものだよ」

原発がそんな組織によって動いているなら、絶対に安全になることはありません。

長くなりすぎました。

明日ボランティアで力仕事になると思うんでそろそろ寝ます。
おやすみなさい。

2011/03/27

写真 がんばろう仙台

oga096
oga096 posted by (C)シェリルミノー
Nikon D5000
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

仙台よりも大変なところはたくさんあるけれど、僕は仙台に住んでるってことであえて「がんばろう仙台」。
というわけで、明日宮城野区のボランティアに行ってきます。

金の話をするのもなんですが、だんだん食べ物と気持ちに余裕が出てくるにつれて募金も増やしてます。
一眼のエントリー機買えるくらい。

仙台の復興が僕の将来のビジネスを支えるんで、そういう投資的な意味もあります。
祖父から3代の個人投資家ですからね。


さて、仙台はまだガソリンが思うように手に入らず、3000円分、限定200台、そんな感じ。
リビアの情勢とか原発不安から化石燃料への需要を見越した原油価格の高騰もあって、3000円分っていっても大した量は入らない。

車の行き来は少なくて、つまり経済活動はまだ全然ダメです。
ビルの窓は1/3程度明かりが灯っている程度。

今年は光のページェントできるのかな。
できるようにがんばろう。



元画像はコレ。
ひどいですね。
明るさよりも手ぶれを抑えることを重視してるわけです。

ISOを上げて撮る人が多いと思うけれど、RAWで撮ってるならPCで露光量増やしてもいいわけですから。
その方がノイズ除去がやりやすいですし。

1枚の写真の中で、ぼやけてもノイズを除去したい部分と、ノイズがのってもシャープに仕上げたい部分ってありますよね。





光と光が当たっている箇所はフンワリと明るく、人物は少しシャープに。
相反する要素が要求されるので、背景と人物は別にレタッチしています。

Lightroom3とCanon DPPの比較

釣りに行けないせいで写真関係が続いてしまいます。

前回はLightroom3とNikon View NX2を比較しましたが、今回はCanonDPPとの比較になります。
全部レタッチせずにjpegにしています。

ちなみにPicasaにアップロードしているので画質が劣化しています。


Lightroom3です。


Canon DPPです。

一見同じようですが、タブで2枚開いて見ると全然違います。
Lightroomの方が明るいですね。

でも明るいかどうかなんてどうでいいこと。
ディテールが豊富であること、ダイナミックレンジが広いこと、これができていればどうにでもなります。



Lightroom3


Canon DPP

どちらもいいですね。
Lightroom3はやっぱり2に比べて格段に良くなってる。


ところで現像しただけでこれだけ色が違うのだから、ノーレタッチ主義というのはまったく意味のないコダワリになっちゃいますね。

キャノン機の撮って出しはキャノンの「誰か」が設定(タッチ)した写真であり、Nikonの撮って出しはニコンの「誰か」がタッチした写真を眺めていることになります。

撮って出しは客観的な世界基準といったものではなく、「誰か」のタッチあるいはレタッチ(アートフィルターとかね)です。

それは「美」に関して自分で考えたり、感じたり、追求するチャンスを逃しているみたいで勿体無いですよ。

ちなみにFlickrにアップするのとPicasaにアップするのでも写真に違いが出ます。


僕のレタッチ。
Lightroom3で。

5分の簡単レタッチだけど、僕はこっちの作品のほうが、キャノンの誰かがタッチした写真よりも遥かに美しいと思う。

写真は一枚一枚違うから、100枚あれば100通り以上のレタッチがあるべきだと思うんです。

2011/03/26

お気に入りの写真紹介 背景だ


写真が上手くなるためにうまい写真をたくさん見よう。
今日もフリッカーから。

この写真はアングルに注目が行くと思うけれど、参考にすべきポイントはそんなところじゃない。

地面、つまり「背景」だ。

背景がオシャレだから見ごたえのある写真になっていると思う。


oga048
oga048 posted by (C)シェリルミノー

友人に「レガシィをカッコよく撮って欲しい」と頼まれたとき、探したのは「背景」だった。

レガシィをどんなアングルから撮っても、それはただのレガシィ。

安易にぼかすんじゃなくて、できるだけ背景を探す。

いい背景が見つかったら深度を深くして撮る。

そういうこと。


この建物は仙台の三井アウトレットパーク。

震災で1階部分が浸水したそうだ。
今どうなってるんだろう。

2011/03/23

Amazonで買ったカメラはどこに行った?





僕がamazonで注文した防水コンデジ。
富士フィルムのFinePix XP10

まだ届いてません。
今どこにあるのでしょうか。


amazonの配達状況の確認を見ると、
3月10日に大阪を出ています。
3月11日には近所のコンビニ近くまで来ていて、そして大地震が!!!
3月15日はまだ近所の配達店付近にあるようですが、外部要因で配達が遅れていると・・・。
ちょうど電気とか水道が復旧した頃ですね。
3月17日は再び配達店を目指しているみたいですが、コンビニ留めのコンビニが開いてません。
ということで東京に戻ったみたいです。

こんなときどうしたらいいんでしょうかね。
amazonサイトのどこを見ても、大地震で商品が届かなかったときの対応が書いてなくて、困っちゃうな。

バス用フライを買った。


空箱の値段が52円かと思っちゃうでしょ。
空間の無駄遣いパッケージ。
よく見るとバス用フライが入ってます。

ケンクラフトですね。
最近あんまり聞きませんね。

ケンクラフトで検索したら、重機のおもちゃが出てきました。

釣具のケンはケンインターナショナル株式会社なんですね。

さて、元値がいくらかわかりませんが、買値は52円。

モノの値段は基本的に需給で決まると習ってきましたよね。
そうなると、やっとのことで見つけた稀少なバス用フライが52円って、よほど需要がないってことになりますよね。






見た感じ、黒と白があれば事足りるような気がする。


飛ばしにくそうだなー。

バスのフライフィッシングについて検索したら、6番~8番が基本だそうです。
このフライを飛ばすならそうなるよなー。

僕の自作フライロッドは5番で、リールとラインはなぜか3番です。


しかしまあガソリンはいつ手に入るんでしょうかね。
チャリンコも貸し出し中だし。

それにガソリン手に入っても釣りに行く気分になるのかな・・・。

ネットを見ていると「つらすぎる被災だから自粛する派」と「普通にすることが被災者のため派」といるけれど、僕はどっちも否定しません。

うん、互いに否定しないようにしましょう。

Lightroom3とNikon View NX2の比較

Lightroom3.3の試用版をダウンロードしました。
Nikon View NX2との比較です。


Nikon View NX2
Nikon View NX2 posted by (C)シェリルミノー
Nikon View NX2で現像。
raw→jpeg


Adobe Lightroom3
Adobe Lightroom3 posted by (C)シェリルミノー
Lightroom3で現像。
raw→jpeg

Nikon D5000
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

Lightroom2を持っているのですが、ディテールがつぶれるので現像にはほとんど使ってませんでした。
が、Lightroom3で現像すると・・・色の違いはあるけれど、ディテールはほとんど差がないように見える。

すごいぞ。

ディテールさえ潰れなければ、Lightroomのいろんなバーをあっちやったりこっちやったりしていれば、必ず好みの画に近づいていくはず。

ちなみに今回は1枚の写真で1時間くらいいじりました。
マニアですからね。

ViewNX2は明瞭度とコントラストと露光量の3つくらいしかいじるところがないけれど、それしかいじらなくてもこの画になってしまうのは逆にすごいかな、と。


さて、おさらい。

Lightroomは・・・
バーがいっぱいあって操作性がよくて、軽くて、自分好みの画に近づけやすい。
これまではディテールが潰れていたけれど、純正ソフトに近いくらいに改善された。
死角なくなったな。

ViewNX2は・・・
さすが純正ソフトでディテールが豊富。
少ない手順できれいな画質。
でも重くて操作性が悪くて、バーも少ないしトーンカーブもどこにあるのかよくわからない。
要するにキレイなだけで他は全然ダメ。

マニアックに色を変えていく人とか、違うメーカーのカメラを色々使っている人にはLightroomはかなりいい選択肢になるんじゃないでしょうか。

僕はバージョンアップすると思います。

これまでCanonDPPとViewNX2とLightroomとGIMPを組み合わせて使っていたけれど、LightroomとGIMPだけでことが足りる。
うーん、スッキリ!

2011/03/21

お気に入りの写真紹介


写真が上手くなるためにうまい写真をたくさん見よう。
そういう趣旨。

そしてうまい写真に自分の写真を近づけていく。
今はそういう段階。

今日もフリッカーから。

こうやってまた海を眺められる日が来るのかな。

キレイな月。
普通はそんな月を撮って終わり。
ただの風景写真になってしまう。

でもそこに人の背中があって、マウンテンバイクがあって、ドラマだなー。

その辺がセンスですよね~。


センスってただ降ってくるもんじゃないので、真似させていただきます。

もしくは別々にとって、あとから人物とかチャリンコを加える手もありますよね。

自分が目指す写真に到達するためには手段は選ばない。
自分はこう撮るのがコダワリ、だとか、これは絶対にしないのがコダワリ、だとか、そんなコダワリはどうでもいい。
結果がどうなるかが大事。

でもコダワリを継続することで写真を並べたときに統一感が出て、それも含めて美しいとなる場合もあるので、まあそれぞれですよね。
好きにやっていきましょう。

2011/03/20

写真 被災したわりには余裕あるでしょ

oga095
oga095 posted by (C)シェリルミノー
Nikon D5000
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

3月16日は、午後休みをもらって食料品を求めて近所を彷徨っていたのですが、なぜか僕の首からカメラがぶら下がってたんですね(笑)

流し撮りは真横を撮るよりは、ちょっと過ぎたところでお尻を斜めに撮るか、ちょっと手前から顔を斜めにほうが撮りやすいみたい。

上手く撮れたからと言っても、そこで構図までうまくいくのは僕にとって奇跡なので、そこは積極的にトリミングするでしょう。
デジタルですから。
それに僕にとって画質は構図よりもずっと重要度が低い。

下が元画像です。
トリミングしないと、間抜けですよね(笑)
これ見せられても「・・・だから?」って感じで。


あ、そういえば、今日から仙台市は災害ボランティアセンターを開設したみたいです。

今のところ移動手段が徒歩しか無いのでちょっと動けませんが、来週末までにガソリンが手に入ったら週末のどちらかだけでも参加してみようと思います。
掃除だけでもね。
仙台で気に入ってるところってキレイ(清潔)なところでしたからね。

2011/03/19

東北魂義援金

iPhoneから投稿です。

現在電気と水道が復旧して、写真のレタッチをしながらコンポタくんなんて食っているわけで、日常に近づいて来てるようなきがします。

あ、ガスがまだか。
普段からあんまり風呂に入らないから。
ヒゲ面だけど体臭薄め(と思ってる)だし、その辺は自分が気にするかどうかなんで。

日常に近づくと気持ちに余裕が生まれてきました。
というわけで義援金です。
口座の余裕よりも気持ちの余裕ですね、こういうのは。

アメーバの募金は、募金金額と同額をアメーバ側からも募金されるという内容で、これはいいですね。
と思ったけど、ピグとかそういうのがよくわからない。
普段からアメブロしてる人向けっぽい。
その辺はおいおい調べて行きます。




とりあえずサンドイッチマンの東北魂義援金に1万円にしました。

■銀行名:三菱東京UFJ銀行
■支店名:目黒支店
■種類:普通
■口座番号:0133179
■口座名義:東北魂義援金(トウホクダマシイギエンキン) BlogBooster-The most productive way for mobile blogging. BlogBooster is a multi-service blog editor for iPhone, Android, WebOs and your desktop

2011/03/17

地震 壁のヒビ、天井の割れ

僕は仙台医療センター5階で地震にあいました。
仕事中はケータイは持ってないのですが、その日は泊まりになったので、うわーって所をiPhoneで撮ってきました。



大会議室。
左の天井が割れています。




1回外来の待合室。
建物の継ぎ目はこんな風にコンクリが崩れ落ちているところが多いです。







壁のヒビ。
職場のみんなはあんまり気にしてないみたいだけど、僕は怖くて怖くて。
怖がりすぎですかね。
とくに太い柱にピキピキって入ってるとゾッとします。

と、こんなことを書いていますが、今一番不安なのはむしろ放射能。
仙台では殆ど誰も原発事故の話がでてこない。

なんでかなーって考えて見れば、たぶんテレビからの情報をそのまま受け取っているからだと思います。
僕だってネット、とくにツィッターがなければその程度しか気にしていなかったと思います。

今はとにかく真実が知りたい。
国からの情報のままに行動して、被害を被った事例は歴史上数えきれないくらいある。
戦争、C型肝炎、エイズ・・・

自分で情報を集めて、それに基づいて行動しようと思ってます。

2011/03/15

3月12日 13日

oga094
oga094 posted by (C)シェリルミノー
Canon Powershot S90

バスは来るのか来ないのか分からない。

こんなときなのにあえて本気レタッチ。




地元のスーパー。
どこもこんな感じでした。

っていうか天気良すぎて緊迫感内ですね。
大変なんですよ。



近所のローソン。
お世話になりました。


おなじローソンの行列。

溶けた冷凍食品も「自己責任で」と売ってくれました。
冷凍ピラフ1袋、105円。

泣けるぞ通常価格。

ひと袋だけ買って残りは後ろの人々に。

僕は食器棚がよくて皿一枚割れなかったし、カセットコンロを持ってるし、ヘッドライトも持っているし、吹雪の中で釣りができる防寒具も持ってる。
サバイバルとしては恵まれてる方ですからね。

でもこんな中、タバコをカートン買いしてる人がいて、すげーなと。

セブンイレブンはどこも開いてなかったと思ったら、一瞬開いたらしいです。

電気屋あけてくれれば助かる人は多いと思うんですけどねー。
電池とか懐中電灯とかラジオとか。

コンビニなら店長の独断でできそうだけど、電気屋は上の許可がいるのかな?




ガソリンスタンドにならぶ車。
ここはまだいいほうです。
道路が広いから。

狭いところは明らかにガソリンを待つ行列そのものが、物資つまりガソリンの到着を遅くするでしょう。
そんなジレンマ。




で、僕のプリウス君。
古いけ車だけどラジオとかiPhoneの充電とか大活躍。
常にエンジンが回りっぱなしじゃないので精神的にも余裕が生まれます。

そして13日の夜中に電気と水道が復旧。
スタッフの皆さんと節電してくれたみなさん、どうもありがとうございます。
ちょっとうるうるきましたよ。