2011/04/12

写真 調べようとしなかったことを反省している

oga107
oga107 posted by (C)シェリルミノー

いろいろ思うところはあるけれど、なんて書いていいか分からないですね。

放射能に対して不安だったので、時間をかけて調べていたら、恐いことと怖くないことがはっきりしてきました。
不安が解消されてきて、恐怖が台頭してきた感じ。

僕の弟は「この地震で原発の悪いところがわかったんだから、そこを改善していくという手もありなのかな」と言ってましたが、ヒューマンエラーや、巨大組織による責任の曖昧さは、人間である限りなくなりません。

とにかく失敗したときの代償が大きすぎる。

100人に一人しか癌にならないというのは、つまり500人の小学校から5人の癌の生徒が出るわけだから、ありえないくらい大きい数字だ。

交通事故はその場の事故で事は済むけど、原発は人類の存続に関わる。
交通事故と比較する人は、少し頭が弱いとしか思えない。

放射能が漏れているけれど健康被害がない魚は、ふつうの感覚ではまず食べないと思う。
しっかり手を洗っても、オッチャンの指が入ったラーメンは食べたくないし、逆にキレイなお姉さんなら多少手が汚くても食べてもいいかなーなんて思っちゃう。
食い物は感覚とか感情のレベルなので、数値をいくら出してもしばらくは無駄だ。

それに日本人の食べ物は、すなわち商品だ。
ハエが止まったケーキは無害だけど買わない。
食うか食わないかの前に、買わない。
商品として価値が下がったからだ。
贅沢だけど本音だ。



正直言って、今までは「原発だって安全なら別にあってもいいんじゃないか」と思っていました。
何も調べずにそう思っていました。
遅いかもしれないけれど、反省しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿