2011/03/28

写真 僕だって腹は立つ

oga097
oga097 posted by (C)シェリルミノー
Canon IXY DIGITAL 55

何かせずにいられないけれど、ガソリンがないので家で写真をいじってます。

写真左後ろの2人のうちのひとりが僕なので、僕が撮った写真じゃないですね。

僕のPCに入ってました。
僕の友達の誰かが撮ったのだろうけれど、暗いのによく撮れてる。
Exifが残っていたのでよく見たら、Canon IXY DIGITAL 55というカメラで、500万画素でf2.8。
いいバランスですよね。

今の技術でコレくらいのバランスでコンデジを作って欲しいです。
コンデジは500~600万画素で十分です。


今日は休日無給出勤をしながらiPhoneで放射能の拡散予想を見ていました。
ドイツの気象庁によるものらしいですけど、日本もコレくらいできるでしょ。
屋内退避者に自主避難をさせるなら、自主避難の判断となる情報をだすべきですよね。

だんだん腹が立ってきました。
「怒るときってあるの?」って聞かれるくらい僕はほとんど腹を立てることがないのですが、それは誰かのミスや不注意で僕に何かが降りかかっても僕自身でなんとかできるって思い込んでいるからです。

でも原発・放射能問題ってどうにもならないから腹が立ってくるんでしょうね。

東海地震の想定震源域のど真ん中に浜岡原発があったり、明治三陸大津波は38.2mという記録が残っているのに「想定外、1000年に1度」って・・・。

ウィキペディアで簡単に調べられる内容のウソ、腹立たしいですよね。

役人が絡むこういう大きな決定って、ほんと奇跡的なくらい責任の所在を薄めながら、なにかこう、雰囲気とか空気のように、あるいは時間が決めてくれるかのように決まっていきます。

僕は1年くらい公務員に準じる仕事をしているのでこの空気がよくわかります。

「なにかあってもうちに(責任が)来ないようにね」というのは日常のように口にします。

僕はいつもびっくりするのですが、ごく普通の善良な人がそういうことを言うんです。
悪気や疑問もなく。
持っていたとしてもそういう事を口にするのは暗黙のタブーです。
僕はポロッとそういう疑問を口にしちゃって空気が凍るんですけどね。

みんな自分の役職に合った役割を、これまで先輩がそうしてきたようにする以外ありません。

そこに明らかにおかしいことがあったとしても、その流れを止めることは、同僚に迷惑をかけることになって、上司に迷惑をかけることになって、それはさらに上の人の迷惑になって・・・。
つまり周囲の迷惑は考えていません。
あくまで組織に迷惑をかけないように動くしか無いのです。


放射能の拡散予想を出せと言いましたが、すぐには出てきません。
第一に誰がそれをやるか誰も分からないし、もし誰かが「よし、俺ならできるから俺がやろう」と思っても組織の中の誰にお伺いを立てればいいのかわかりません。

とにかく世の中のためになる善い行いも、勝手にやってはダメなのです。

非常時だから菅さんがどんどん決定すればいいのですが、その能力がないのが残念です。
この非常時は、なにかこう、監督がいないまま映画を作っているかのように見えます。

あ、拡散予想の話でしたね。
まずできる誰かが直属の上司に「自分にやらせてください」とお伺いをたてるとします。
大抵は部下から来た要望をそこで飲み込んで終わりです。
仮にその上司が迷いながら動いたとしても、その上か、その上あたりで曖昧に飲み込まれて終わりです。

僕はそんな組織を辞めますが、20年前に辞めた方が言っていてことを思い出します。

「何かしようと思っても割り箸で海をかき混ぜるようなものだよ」

原発がそんな組織によって動いているなら、絶対に安全になることはありません。

長くなりすぎました。

明日ボランティアで力仕事になると思うんでそろそろ寝ます。
おやすみなさい。

2 件のコメント:

  1. なっちゃん2011/03/31 11:56:00

    私は15年前に公務員をやめました
    やめたくてやめたくて仕方なく10年過ごしました
    やめたかった理由は シェリルミノーさんが上で書いてたような
    そんな納得のいかない理由に似通っています

    何か沢山話すのは いい気分ではないし 
    それが何かを左右することもないので 言わないけど
    ちょっとこの日記には 思う事があったんで
    コメントしました

    返信削除
  2. 芸術とは対極にある仕事の1つで、なっちゃんの写真や活動からすると、まあ合わないですよね(笑)

    僕の弟が「アメリカ軍はヘリで孤立している現場を見つけたら、現場の判断でドンドン降りて、片付けて、物資を届けているのに、自衛隊は下から手を振られても命令があるまで何もしてはいけないから、これじゃあ被災者だけじゃなく自衛隊員もかわいそうだ」と言ってましたが、そういう「え?なんでダメなの?」が多すぎます。


    >>何か沢山話すのは いい気分ではないし 
    それが何かを左右することもない・・・

    現場の一人ひとりは思うことがあって、でも辞めたくても辞められない事情の人もたくさんいますから、僕も声高々に社会に訴えるような内容はあえて避けてきました。

    「だから原発は安全じゃないから反対です」という内容を書こうとしたらちょっと抑制が効かなくなったというか。
    こういう時期なのでもう少しこの手の内容は続けて、それからもとのフザケたブログに戻ろうと思います。

    返信削除